CSM では、わかりやすいアイコンを使用して、パブリック クラウド構造の状態と健全性が表示されます。

注: Native Cloud 強制モード では、検疫ポリシーが常に有効になり、すべての仮想マシンが常に NSX で管理されます。このモードには、NSX が管理する仮想マシンで検疫ポリシーが有効になっている状態のみが適用されます。

NSX 強制モード:検疫ポリシーが無効になり、VPC/VNet で仮想マシンが管理対象外になる可能性があります。このモードには、関連するすべての状態が適用されます。

CSM セクションとアイコン 説明
[VPC/VNet]
トランジット VPC/VNet
コンピュート VPC/VNet
自己管理 VPC/VNet
PCG が良好な状態の VPC/VNet
PCG がエラー状態の VPC/VNet
1 つの PCG がエラー状態で、もう 1 つが良好な状態の VPC/VNet
仮想マシンが NSX で管理されている VPC/VNet
仮想マシンが管理対象外の VPC/VNet
仮想マシンがエラー状態の VPC/VNet
仮想マシンがパワーオフ状態の VPC/VNet
[インスタンス]
エラーが発生していない NSX 管理対象仮想マシン
エラーが発生し、検疫ポリシーが無効になっている NSX 管理対象仮想マシン
エラーが発生し、検疫ポリシーが有効になっている NSX 管理対象仮想マシン
ホワイトリストに登録された管理対象外の仮想マシン
隔離された管理対象外の仮想マシン