L2 VPN サーバ サービスを設定した後、別の NSX Edge インスタンスでクライアント モードの L2 VPN サービスを設定します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. (オプション) L2 VPN クライアントとして設定する Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイに IPsec VPN サービスが存在していない場合は、次の手順に従ってサービスを作成します。
    1. [ネットワーク] > [VPN] > [VPN サービス] タブに移動し、[サービスの追加] > [IPsec ] の順に選択します。
    2. IPsec VPN サービスの名前を入力します。
    3. [Tier-0/Tier-1 ゲートウェイ] ドロップダウン メニューから、L2 VPN クライアントで使用する Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイを選択します。
    4. システムのデフォルト値と異なる値を使用する場合は、必要に応じて [IPsec サービスの追加] ペインで残りのプロパティを設定します。
    5. [保存] をクリックし、IPsec VPN サービス設定の続行を示すプロンプトが表示されたら、[いいえ] を選択します。
  3. [ネットワーク] > [VPN] > [VPN サービス] タブに移動し、[サービスの追加] > [L2 VPN クライアント] の順に選択します。
  4. L2 VPN クライアント サービスの名前を入力します。
  5. [Tier-0/Tier-1 ゲートウェイ] ドロップダウン メニューから、先ほど作成したルートベース IPsec トンネルで使用した Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイと同じものを選択します。
  6. 必要であれば、[説明][タグ] の値を設定します。
  7. [保存] をクリックします。
    新しい L2 VPN クライアント サービスが正常に作成されると、L2 VPN クライアントの残りの設定を続行するかどうかを確認されます。 [はい] をクリックすると、[L2 VPN クライアントの追加] ペインに戻り、 [セッション] リンクが有効になります。このリンクを使用して L2 VPN クライアント セッションを作成するか、 [ネットワーク] > [VPN] > [L2 VPN セッション] タブを使用することができます。

次のタスク

設定した L2 VPN クライアント サービスの L2 VPN クライアント セッションを設定します。ガイドとして、L2 VPN クライアント セッションの追加に記載された情報を使用してください。