パブリック クラウド アカウントまたはサブスクリプションの VPC または Vnet を表示するには、[クラウド] > [<自分のパブリック クラウド>] > [ VPC]または [Vnet] の順に移動します。

インベントリは、アカウントとリージョン別にフィルタリングできます。
  • 各カードは、1 つの VPC/VNet を表します。
  • トランジット VPC または VNet には 1 つまたは 2 つ(HA の場合)の PCG を展開できます。
  • コンピュート VPC/VNet をトランジット VPC/VNet にリンクできます。
  • グリッド表示に切り替えて、各 VPC または VNet の詳細を表示できます。
    グリッド ビューには、 [概要][インスタンス][セグメント] の 3 つのタブが表示されます。
    • [概要] には、次の手順で説明するアクションのオプションが表示されます。
    • [インスタンス] には、VPC/VNet 内のインスタンスの一覧が表示されます。
    • [セグメント] には、NSX-T Data Center のオーバーレイ セグメントが表示されます。
      注: NSX Cloud の現在のリリースでは、この機能はサポートされていません。この画面に表示されているタグを使用して、AWS または Microsoft Azure のワークロード仮想マシンにタグを付けないでください。
  • [アクション] をクリックして、以下を実行できます。
    • [設定の編集](トランジット VPC/VNet でのみ使用可能):
      • NSX 強制モード の場合は、検疫ポリシーを有効または無効にします。
      • プロキシ サーバの選択を変更します。
    • [トランジット VPC/VNet へのリンク]:このオプションを使用できるのは、PCG が展開されていない VPC/VNet のみです。リンク先のトランジット VPC/VNet をクリックして選択します。
    • [NSX Cloud Gateway の展開]:このオプションを使用できるのは、PCG が展開されていない VPC/VNet のみです。このオプションをクリックすると、この VPC/VNet への PCG の展開が開始し、この VPC/VNet がトランジット VPC/VNet または自己管理 VPC/VNet になります。詳細手順については、NSX-T Data Center インストール ガイドの「[NSX Public Cloud Gateway の展開またはリンク]」を参照してください。