vRealize Operations Manager を使用して、NSX-T Data Center 環境を監視できます。

表 1. NSX-T 管理パックのアラート
アラート 説明 推奨
NSX-T 管理サービスが失敗しました NSX-T Data Center ホストの管理サービスが実行されていないときにトリガされます。 NSX-T Manager にログインして、失敗した管理サービスを再起動してください。
論理スイッチの管理状態が稼動中ではありません 論理スイッチの管理状態が無効になるとトリガされます。 NSX-T にログインして、必要に応じて管理状態を有効にしてください。
Edge ノードのコントローラ/マネージャ接続が接続中ではありません NSX-T Data Center で Edge ノードの接続状態が停止になるとトリガされます。 Edge ノードと Controller クラスタおよび Manager クラスタとの接続状態を確認し、切断された接続を修正してください。
Edge ホスト ノードが失敗/エラー状態です 次のいずれかの理由で NSX-T Data Center のホスト ノードがエラー状態または失敗状態になるとトリガされます。
  • Edge 構成エラー
  • インストールの失敗
  • アンインストールの失敗
  • アップグレードの失敗
  • 仮想マシンの展開の失敗
  • 仮想マシンのパワーオフの失敗
  • 仮想マシンのパワーオンの失敗
  • 仮想マシンの展開解除の失敗
Edge ホスト ノードが失敗またはエラー状態です。ホスト ノードの状態を確認して、問題を修正してください。
BFD サービスが無効になっています 論理ルーターで BFD サービスが有効になっていないとトリガされます。 ネイバーが設定されていますが、Tier-0 ルーターの BFD サービスが有効になっていません。必要であれば、BFD サービスを有効にしてください。
NAT ルールが構成されていません 論理ルーターの NAT ルールが構成されていないとトリガされます。 NSX-T Manager にログインし、論理ルーターに NAT ルールを追加してください。
スタティック ルートが構成されていません 論理ルーターのスタティック ルートが構成されていないとトリガされます。 NSX-T Manager にログインし、必要であれば論理ルーターにスタティック ルートを追加してください。
ルート アドバタイズメント サービスが無効になっています 論理ルーターでルート アドバタイズ サービスが有効になっていないとトリガされます。 ルート アドバタイズが設定されていますが、Tier-1 ルーターのルート アドバタイズ サービスが有効になっていません。NSX-T Manager にログインして、サービスを有効にしてください。
ルート再配布サービスが無効になっています 論理ルーターでルート再配布サービスが有効になっていないとトリガされます。 ルート再配布ルールが設定されていますが、Tier-0 ルーターのルート再配布サービスが有効になっていません。NSX-T Manager にログインして、サービスを有効にしてください。
論理ルーターの ECMP サービスが無効になっています 論理ルーターで ECMP サービスが有効になっていないとトリガされます。 ネイバーが設定されていますが、Tier-0 ルーターの BGP ECMP サービスが有効になっていません。NSX-T Manager にログインして、サービスを有効にしてください。
コントローラ ノード接続が切断されています NSX-T Data Center でコントローラ ノードの接続が停止状態になるとトリガされます。 NSX-T Manager にログインして、管理ノードおよび Controller クラスタとコントローラ ノードの接続を確認し、切断状態を解決してください。
展開されているコントローラ ノードは 3 つ未満です NSX-T Data Center サーバに展開されているコントローラ ノードが 3 台未満の場合にトリガされます。 クラスタに 3 台以上のコントローラ ノードを展開してください。
Controller クラスタの状態が安定していません NSX-T Data Center のすべてのコントローラ ノードが停止するとトリガされます。 Controller クラスタの状態を確認してください。
管理状態が安定していません 管理クラスタのいずれかのノードが停止状態になるとトリガされます。 管理クラスタの状態を確認してください。
ファイル システムの使用量が 85% を超えています コントローラ仮想マシンのゲスト ファイル システムの使用量が 85% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 85% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。
ファイル システムの使用量が 75% を超えています コントローラ仮想マシンのゲスト ファイル システムの使用量が 75% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 75% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。
ファイル システムの使用量が 70% を超えています コントローラ仮想マシンのゲスト ファイル システムの使用量が 70% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 70% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。
Edge クラスタの状態がダウンになっています Edge クラスタが停止状態になるとトリガされます。 Edge クラスタの状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
論理スイッチの状態が失敗しました 論理スイッチの状態が失敗になるとトリガされます。 論理スイッチの状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
ロード バランサ サービスの動作状態が停止 ロード バランサ サービスの動作が停止状態になるとトリガされます。 ロード バランサ サービスの動作状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
ロード バランサ サービスの動作状態がエラー ロード バランサ サービスの動作状態がエラーになるとトリガされます。 ロード バランサ サービスの動作状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
ロード バランサ仮想サーバの動作状態が停止 ロード バランサ仮想サーバの動作が停止状態になるとトリガされます。 ロード バランサ仮想サーバの動作状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
ロード バランサ仮想サーバの動作状態が分離 ロード バランサ仮想サーバの動作が分離状態になるとトリガされます。 ロード バランサ仮想サーバの動作状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
Edge ノードの構成状態が失敗しました Edge ノードの構成状態が失敗になるとトリガされます。 Edge ノードの構成状態を確認してください。必要に応じて、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準的なトラブルシューティング手順に従ってください。
管理サービスの監視ランタイム状態が失敗しました 管理サービスの監視ランタイムが停止状態になるとトリガされます。 NSX-T Manager 仮想アプライアンスにログインして、失敗した管理サービスを再起動してください。
管理クラスタの管理状態が安定していません 管理クラスタの管理状態が不安定になるとトリガされます。 管理クラスタの状態を確認してください。
展開されているマネージャ ノードは 3 台未満です NSX-T サーバに展開されているマネージャ ノードが 3 台未満の場合にトリガされます。 クラスタに 3 台以上のマネージャ ノードを展開してください。
マネージャ ノード接続が切断されています マネージャ ノードのマネージャの接続が停止状態になるとトリガされます。 NSX-T Manager にログインして、マネージャ ノードのマネージャ接続を確認し、NSX-T および VMware のドキュメントで推奨されている標準のトラブルシューティング手順に従ってください。
マネージャ ノードのファイル システムの使用量が 85% を超えています マネージャ ノードのゲスト ファイル システムの使用量が 85% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 85% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。
マネージャ ノードのファイル システムの使用量が 75% を超えています マネージャ ノードのゲスト ファイル システムの使用量が 75% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 75% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。
マネージャ ノードのファイル システムの使用量が 70% を超えています マネージャ ノードのゲスト ファイル システムの使用量が 70% を超えるとトリガされます。 ファイル システムの使用量が 70% を超えています。ファイル システムを確認してクリーンアップを行い、空き容量を増やしてください。