次の手順では、NSX Manager ユーザー インターフェイスを使用して NSX Edge クラスタの NSX Edge トランスポート ノードを置き換える方法について説明します。Edge トランスポート ノードは、実行中かどうかに関係なく置き換えることができます。

置き換える Edge ノードが実行されていない場合、新しい Edge ノードには同じ管理 IP アドレスと TEP IP アドレスを設定することができます。置き換える Edge ノードが実行中の場合、新しい Edge ノードには異なる管理 IP アドレスと TEP IP アドレスを設定する必要があります。

前提条件

NSX Edge ノードをインストールし、Edge ノードを管理プレーンに追加し、NSX Edge トランスポート ノードを作成する手順について理解しておく必要があります。詳細については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』を参照してください。

手順

  1. 新しい Edge トランスポート ノードに、置き換える Edge トランスポート ノードと同じ構成を設定する場合は、次の API 呼び出しを行って構成を見つけます。
    GET https://<nsx-manager-IP>/api/v1/transport-nodes/<tn-id>
  2. NSX-T Data Center インストール ガイド』の手順に従って、Edge トランスポート ノードをインストールして構成します。
    この Edge トランスポート ノードの構成を、置き換える Edge トランスポート ノードと同じにするには、手順 1 で取得した構成を使用します。
  3. NSX Manager で、[システム] > [ファブリック] > [ノード] > [Edge クラスタ] を選択します。
  4. 最初の列のチェックボックスをクリックして、Edge クラスタを選択します。
  5. [アクション] > [Edge クラスタ メンバーの置き換え] をクリックします。
    置き換えるトランスポート ノードをメンテナンス モードに切り替えることをお勧めします。トランスポート ノードが実行されていない場合は、この推奨を無視しても問題ありません。
  6. ドロップダウンリストから、置き換えるノードを選択します。
  7. ドロップダウン リストから、置き換え先のノードを選択します。
  8. [保存] をクリックします。