各ホスト トランスポート ノードはトンネル エンドポイントです。各トンネル エンドポイントには IP アドレスがあります。これらの IP アドレスは、トランスポート ノードの IP アドレス プールまたは DHCP の設定に応じて、同じサブネットにある場合も別のサブネットにある場合もあります。

異なるホスト上の 2 台の仮想マシンが直接通信する場合、ユニキャストでカプセル化されたトラフィックが、2 つのハイパーバイザーに関連付けられた 2 つのトンネル エンドポイントの IP アドレス間でフラッドを必要とすることなく交換されます。

ただし、レイヤー 2 ネットワークのように、仮想マシンによって送信されたトラフィックのフラッドが必要になる場合があります。これは、同じ論理スイッチに属する他のすべての仮想マシンにトラフィックを送信する必要があることを意味します。これは、レイヤー 2 ブロードキャスト、不明のユニキャスト、およびマルチキャスト トラフィック(BUM トラフィック)の場合です。単一の NSX-T Data Center 論理スイッチが複数のハイパーバイザーにまたがる場合があることに注意してください。特定のハイパーバイザー上の仮想マシンによって送信された BUM トラフィックを、同じ論理スイッチに接続された他の仮想マシンをホストするリモート ハイパーバイザーにレプリケートする必要があります。このフラッドを有効にするために、NSX-T Data Center は 2 つの異なるレプリケーション モードをサポートします。

• 階層型の 2 層(MTEP と呼ばれることもあります)

• ヘッド(ソースと呼ばれることもあります)

次の例は、階層型の 2 層レプリケーション モードを示したものです。ホスト A には、5000、5001、および 5002 の仮想ネットワーク識別子 (VNI) に接続された仮想マシンがあるとします。VNI は VLAN に似ていますが、各論理スイッチには単一の VNI が関連付けられています。そのために VNI と論理スイッチが同じ意味で使用されることがあります。ホストが VNI 上にあるという場合、ホストにはその VNI を持つ論理スイッチに接続された仮想マシンがある、という意味になります。

トンネル エンドポイント テーブルはホスト VNI 接続を示します。ホスト A は、VNI 5000 のトンネル エンドポイント テーブルを調べ、VNI 5000 上の他のホストのトンネル エンドポイント IP アドレスを決定します。

これらの VNI 接続の一部は、ホスト A のトンネル エンドポイントと同じ IP サブネット(IP セグメントとも呼ばれます)にあります。それぞれの接続に対して、ホスト A は、各 BUM フレームの個別のコピーを作成し、各ホストに直接コピーを送信します。

他のホストのトンネル エンドポイントは、別のサブネットまたは IP セグメントにあります。各セグメントに複数のトンネル エンドポイントがある場合、ホスト A は、レプリケータとなるエンドポイントを 1 つ指名します。

レプリケータは、ホスト A から VNI 5000 の各 BUM フレームのコピーを 1 つ受信します。このコピーには、カプセル化ヘッダーにローカルで「Replicate」というフラグが付けられます。ホスト A は、レプリケータと同じ IP セグメントの他のホストにはコピーを送信しません。VNI 5000、およびそのレプリケータ ホストと同じ IP セグメントにある、レプリケータが認識している各ホストの BUM フレームのコピーを作成することはレプリケータの責任になります。

プロセスは VNI 5001 および 5002 に対してレプリケートされます。トンネル エンドポイントのリストおよび生成されるレプリケータは、VNI によって異なる場合があります。

ヘッドエンド レプリケーションとも呼ばれるヘッド レプリケーションには、レプリケータはありません。ホスト A は、VNI 5000 にある自分が認識している各トンネル エンドポイントの各 BUM フレームのコピーを作成して送信するだけです。

すべてのホスト トンネル エンドポイントが同じサブネット上にある場合、動作に差異はないため、どのレプリケーション モードを選択しても結果は同じです。ホスト トンネル エンドポイントが異なるサブネット上にある場合、階層型の 2 層レプリケーションは複数のホスト間で負荷を分散するのに役立ちます。階層型の 2 層はデフォルトのモードです。