次の手順に従って、正常にオンボーディングされた NSX 強制モード の仮想マシンの管理を開始します。

表 1. NSX 強制モード で NSX 管理のワークロード仮想マシンのマイクロセグメンテーション ワークフロー
タスク 方法
ワークロード仮想マシンに受信アクセスを許可するには、必要に応じて分散ファイアウォール (DFW) ルールを作成します。 NSX で管理されたワークロード仮想マシンの NSX 強制モード でのデフォルトの接続方法 を参照してください。
パブリック クラウド タグまたは NSX-T Data Center タグを使用してワークロード仮想マシンをグループ化し、マイクロセグメンテーションを設定します。 NSX 強制モード でのワークロード仮想マシンのマイクロセグメンテーションの設定 を参照してください。

NSX-T Data Center とパブリック クラウド タグを使用した仮想マシンのグループ化も参照してください。