NSX 強制モード では、検疫ポリシーを 2 つの方法で有効にすることができます。

検疫ポリシーを最初に有効にするのは、トランジット VPC/VNet に PCG を展開する場合、またはコンピュート VPC/VNet をトランジットにリンクする場合です。 [関連付けられている VPC/VNet の検疫ポリシー] のスライダをデフォルトの [無効] から [有効] に移動します。『 NSX-T Data Center インストール ガイド』の [PCG の展開] を参照してください。

この手順に従って、検疫ポリシーを後で有効にすることもできます。

前提条件

PCG への展開またはリンク後に検疫ポリシーを有効にする場合は、1 つ以上のトランジットまたはコンピュート VPC/VNet を NSX 強制モード でオンボーディングしておく必要があります。つまり、ワークロード仮想マシンの管理に NSX Tools を選択する必要があります。

手順

  1. CSM にログインし、パブリック クラウドに移動します。
    1. AWS を使用している場合は、[クラウド] > [AWS] > [VPC] の順に移動します。中継 VPC またはコンピュート VPC をクリックします。
    2. Microsoft Azure を使用している場合は、[クラウド] > [Azure] > [VNet] の順に移動します。中継 VNet またはコンピュート VNet をクリックします。
  2. 次のいずれかの方法を使用してオプションを有効にします。
    • タイル ビューの場合は、[アクション] > [設定の編集] の順にクリックします。
    • グリッド ビューの場合は、VPC または VNet の横にあるチェック ボックスを選択し、[アクション] > [設定の編集] の順にクリックします。
    • VPC または VNet のページの場合は、[アクション] アイコンをクリックして [設定の編集] に移動します。
  3. [デフォルトの検疫] をオンまたはオフにします。
  4. [保存] をクリックします。