SpoofGuard の設定で仮想マシンの IP アドレスを変更する場合、対応する既存のポート/スイッチ アドレス バインドに新しい IP アドレスが適用されるまで、仮想マシンからのトラフィックがブロックされる場合があります。

ゲストを含むポート グループの SpoofGuard を有効にします。各ネットワーク アダプタで SpoofGuard を有効にすると、規定された MAC アドレスおよび対応する IP アドレスのパケットが精査されます。

前提条件

NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [論理スイッチ] > [スイッチ プロファイル] > [追加] を選択します。
  3. [SpoofGuard] を選択します。
  4. 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
  5. ポート レベルの SpoofGuard を有効にするには、[ポート割り当て][有効] に設定します。
  6. [追加] をクリックします。

結果

SpoofGuard プロファイルを持つ新しいスイッチング プロファイルが作成されます。

次のタスク

論理スイッチまたは論理ポートに SpoofGuard プロファイルを関連付けます。マネージャ モードでの論理スイッチ ポートへのカスタム プロファイルの関連付けまたはマネージャ モードでの論理ポートとカスタム プロファイルの関連付けを参照してください。