物理 NIC から vNIC、vNIC から 物理 NIC、vNIC から vNIC、VTEP から VTEP のネットワーク遅延統計を測定するように、ネットワーク内の ESXi ホストを構成できます。

設定を行うには、NSX REST API を使用する必要があります。次の手順では、ネットワーク遅延の統計情報の計算を設定するときに使用する管理プレーン API について説明します。API スキーマ、要求の例、応答の例、API のエラー メッセージの詳細については、『NSX-T Data Center API ガイド』を参照してください。

前提条件

ネットワーク遅延の統計測定を設定する vCenter Server 管理のホストとスタンドアローン ESXi ホストの両方が NSX-T Data Center で準備されている必要があります。つまり、NSX-T Data Center コンポーネントがネットワーク内のすべての ESXi ホストにインストールされている必要があります。

手順

  1. vNIC から vNIC、物理 NIC から vNIC、vNIC から 物理 NIC のネットワーク遅延の統計を計算するには、次の操作を行います。
    1. 次の POST API を使用して、遅延プロファイルを作成します。
      POST https://<NSX-Manager-IP>/api/v1/latency-profiles

      デフォルトでは、ホスト トランスポート ノードのすべての vNIC に対して、vNIC から vNIC の遅延が測定されます。

      この API の要求本文で、次の情報を設定します。
      • ホストの物理 NIC 遅延を有効または無効にします。有効にすると、ホスト トランスポート ノードの各 vNIC に対して、物理 NIC から vNIC と vNIC から 物理 NIC の遅延が計算されます。
      • サンプリング レートまたはサンプリング間隔のいずれかを指定します。

        両方を設定した場合、サンプリング間隔が優先されます。

    2. 次の POST API を使用して、NSGroupsSimpleExpression にターゲット タイプとしてトランスポート ノードを含む NSGroup を作成します。
      POST https://<NSX-Manager-IP>/api/v1/ns-groups

      UI で [マネージャ] モードが有効になっている場合は、UI を使用して NSGroup を作成し、メンバーシップ基準にトランスポート ノードを指定できます。

    3. 次の POST API を使用して、サービス構成プロファイルを作成します。
      POST https://<NSX-Manager-IP>/api/v1/service-configs

      この API は、前の手順で作成した遅延プロファイルと NSGroup を組み合わせます。

  2. VTEP から VTEP の遅延の統計を測定するには、BFD 健全性モニタリング プロファイルで遅延を有効にします。これは、トランスポート ゾーン プロファイルのリソース タイプです。次の PUT または POST API のいずれかを実行します。
    • POST https://<NSX-Manager-IP>/api/v1/transportzone-profiles
    • PUT https://<NSX-Manager-IP>/api/v1/transportzone-profiles/<transportzone-profile-id>

次のタスク

統計情報を外部コレクタにエクスポートして、ネットワークに関する詳細な分析を行い、ネットワーク固有の遅延の問題を解決します。