NSX-T Data Center は、vSphere リソース割り当てを使用して、NSX Edge アプライアンスのリソースを予約します。NSX Edge でリソースが最適に使用されるように、NSX Edge に予約された CPU とメモリ リソースを調整できます。

最高のパフォーマンスを得るには、NSX Edge 仮想マシン アプライアンスに使用可能なリソースの 100% を割り当てる必要があります。NSX Edge 仮想マシンに割り当てられたリソースをカスタマイズする場合は、最大のパフォーマンスを得るため、後で割り当てを 100% に戻す必要があります。

自動展開された NSX Edge アプライアンスの場合は、NSX Manager からリソース割り当てを変更できます。ただし、NSX Edge アプライアンスが vSphere から展開されている場合、その NSX Edge 仮想マシンのリソース予約を管理するには vSphere を使用する必要があります。

環境に展開されている Edge 仮想マシンのリソース要件に応じて、予約の管理方法は 2 つあります。
  • デフォルト値。100% のリソース予約を行います。
  • カスタム値。0 ~ 100% のリソース予約を割り当てます。

デフォルトの予約

NSX Edge の優先度が [高] に設定されていることを前提とします。優先度の重要度によって、NSX Edge に割り当てられた vCPU のシェアとメモリの数が定義されます。カスタム値を割り当てるには、NSX Edge に割り当てる相対的な優先度を変更します。

標準の優先度で設定されたフォーム ファクタのリソース制約:

フォーム ファクタ vCPU の数 vCPU シェア RAM (GB)
Small 2 2,000 4
Medium 4 4000 8
Large 8 8000 32
XLarge 16 16000 64
NSX Edge アプライアンスの予約は、次の 2 つのパラメータで調整できます。
  • 仮想マシンに割り当てられた相対的な優先度

  • 仮想マシンのフォーム ファクタに割り当て済みのリソース制約

カスタム予約

NSX Edge アプライアンスに相対的な優先度を割り当てます。NSX Edge アプライアンスの相対的な重要度を変更して、次のリソース要件を割り当てることができます。

相対的な重要度 CPU シェア(vCPU あたりのシェア数) メモリ(仮想マシン メモリに設定された 1 MB あたりのシェア数)
Extra High 4000 40
High 2000 20
Normal 1000 10
Low 500 5
たとえば、Medium フォーム ファクタで展開された NSX Edge アプライアンスの相対的な重要度が高い場合、次の vCPU とメモリ シェアが割り当てられます。
  • 4 (vCPU) X 8000 (vCPU シェア値) = vCPU の 32000 シェア

  • 20 (GB RAM) X 1000 = メモリの 20000 シェア
注: NSX Edge 仮想マシンに割り当てられた CPU サイクルを確保するために CPU 値を MHz 単位で割り当てる前に、相対的な重要度が Low に設定されていることを確認します。カスタム CPU 値を MHz 単位で設定し、相対的な重要度が Normal または High に設定されている場合、リソース制約により、仮想マシンの展開で問題が発生する可能性があります。