コンピューティング マネージャを追加すると、NSX Manager はその ID を vCenter Server の拡張機能として追加します。コンピュート マネージャを削除すると、vCenter Server の拡張機能が自動的に削除されます。何らかの理由で拡張機能が削除されない場合は、次の手順で拡張機能を手動で削除できます。

前提条件

https://kb.vmware.com/s/article/2042554 の手順に従って、vCenter Server 管理対象オブジェクト ブラウザ (MOB) へのアクセスを有効にします。

手順

  1. https://<vCenter Server hostname or IP address>/mob で MOB にログインします。
  2. プロパティ テーブルの [コンテンツ] プロパティの値である、[コンテンツ] リンクをクリックします。
  3. プロパティ テーブルの [extensionManager] プロパティの値である、[ExtensionManager] リンクをクリックします。
  4. メソッド テーブルの [UnregisterExtension] リンクをクリックします。
  5. [値] テキスト フィールドに com.vmware.nsx.management.nsxt と入力します。
  6. パラメータ テーブルの下のページの右側にある [メソッドの呼び出し] リンクをクリックします。
    メソッドの結果は void と表示されますが、拡張機能は削除されます。
  7. 拡張機能が削除されていることを確認するには、前のページの [FindExtension] メソッドをクリックし、拡張機能に同じ値を入力して呼び出します。
    結果は void となるはずです。