論理ロード バランサを使用するには、最初にロード バランサを構成して、Tier-1 論理ルーターに接続する必要があります。

次に、サーバに対する健全性チェック監視を設定できます。その次に、ロード バランサのサーバ プールを構成する必要があります。最後に、ロード バランサ用のレイヤー 4 またはレイヤー 7 仮想サーバを作成する必要があります。