ドラフトは、後で発行するために保存されているか、すでに発行されている分散ファイアウォールの設定です。ドラフトは自動的に作成されます。また、手動で作成することもできます。

手動ドラフトは、編集して保存できます。自動ドラフトの場合は、そのクローンを作成し、手動ドラフトとして保存すると編集が可能になります。最大で、100 個の自動ドラフトと 10 個の手動ドラフトを保存できます。

手順

  1. [セキュリティ] > [分散ファイアウォール] をクリックします。
  2. ファイアウォールの設定を手動で保存するには、[アクション] > [保存] の順に移動します。
    手動ドラフトは、保存、編集、保存が可能です。保存した後、元の設定に戻すことができます。
  3. [名前] に設定名を入力します。
  4. 複数のユーザーが手動ドラフトを同時に開いて編集できないようにするには、[ロック] を選択して設定をロックし、コメントを追加します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 保存済みの構成を表示するには、[アクション] > [ビュー] の順にクリックします。
    タイムラインを開き、保存済みのすべての設定を表示します。ドラフトの名前、日付、時刻、保存者などの詳細を表示するには、ドラフトのドット アイコンまたはスター アイコンをポイントします。保存済みの設定は時間でフィルタリングされます。1 日、1 週間、30 日間または過去 3 か月のすべてのドラフトが表示されます。これにより、自動ドラフトでフィルタリングし、保存することができます。また、右上の検索ツールを使用して、名前でフィルタリングすることもできます。
  7. ドラフトの上にカーソルを置くと、保存した設定の名前、日付、時刻の詳細が表示されます。名前をクリックして詳細を表示します。

    ドラフトの詳細ビューには、このドラフトと同期するために、現在のファイアウォールの設定に必要な変更が表示されます。このドラフトが発行されている場合、このビューに表示されるすべての変更が現在の設定に適用されます。

    下向き矢印をクリックすると、各セクションが展開され、セクションに追加、変更または削除された変更が表示されます。追加されたルールの場合、ボックスの左側に緑色のバーが表示されます。変更された要素(名前の変更など)には黄色のバーが、削除された要素には赤色のバーが表示されます。
  8. 選択したドラフトの名前または説明を編集するには、[ドラフトの詳細を表示] 画面からメニュー アイコン(3 つのドット)をクリックし、[編集] を選択します。
    手動のドラフトはロックできます。ロックする場合は、ドラフトのコメントを指定する必要があります。

    エンタープライズ管理者などの一部のロールにはフル アクセスの認証情報があるため、ロックアウトできません。ロールベースのアクセス コントロール を参照してください。

  9. [クローン作成] をクリックすると、自動ドラフトと手動ドラフトのクローンを作成して保存できます。
    [保存済みの設定] 画面で、デフォルトの名前をそのまま使用することも、編集することもできます。設定をロックすることもできます。ロックする場合は、ドラフトのコメントを指定する必要があります。
  10. ドラフトの設定のクローン バージョンを保存するには、[保存] をクリックします。これで、[保存済みの設定] セクションにドラフトが表示されます。

次のタスク

表示されたドラフトを読み込み、発行できます。その後、このドラフトがアクティブなファイアウォール設定になります。