CPU、メモリ、ストレージなど、NSX Edge ノードのリソースの使用状況を監視できます。

NSX-T Data Center 3.0.1 以降、次の追加情報が表示されます。
  • アラーム
    • Edge ノード - 全体的なアラーム数
    • CPU - データパス CPU およびサービス CPU のアラーム
    • ディスク - 全体的なディスク アラームと各パーティションのアラーム
    • メモリ - 全体的なメモリ アラームと各メモリ プールのアラーム
  • CPU
    • データパス CPU - データパス CPU コアの数とその使用量の詳細。すべてのコアの平均使用量とコア間の最大使用量が含まれます。
    • サービス CPU - サービス CPU コアの数とその使用量の詳細。すべてのコアの平均使用量とコア間の最大使用量が含まれます。
  • ディスク
    • すべての ext4 ディスク パーティションのディスク使用量の合計と、RAM ディスクおよびディスク パーティションのリスト。また、各パーティションの使用可能な空き容量も表示されます。
  • メモリ
    • データパス メモリ - ヒープ メモリ、メモリ プール、常駐メモリが含まれます。
    • メモリ プール - 使用率が常に約 100% である(ベアメタル Edge の)QAT メモリ プールを除く、すべてのメモリ プールとその説明および使用量の値のリスト。メモリ プールは次のとおりです。
      名前 説明
      jumbo_mbuf_pool IPsec 暗号化デバイスによって使用されるジャンボ フレームのパケット プール
      common_mbuf_pool データパスの共通パケット プール
      sp_pktmbuf_pool データパスのスローパス パケット プール
      fw_mon_msg ステートフル サービスの同期メッセージ プール
      vxstt4_frag_q 再構築のための Vxstt フラグメント プール
      pfstatepl3 ステートフル サービスの状態プール
      pffqdnippl ステートフル サービスの FQDN から IP アドレスへのマップ プール
      pffqdnsyncpl ステートフル サービスの FQDN 同期プール
      pffqdndnpl ステートフル サービスの FQDN 内部プール
      pfdnsdnpl ステートフル サービスの FQDN 内部プール
      pfpktpl3 ステートフル サービスの断片化パケット プール
      pfsyncmbufpl3 ステートフル サービスの同期プール
      pf_fp_rule_node ステートフル サービスのルール ノード プール
      pf_fp_root_rule_node ステートフル サービスの root ルール ノード プール
      pf_tb_root_rule_node ステートフル サービスのファストパス root テーブル ノード プール
      pfa_intattr_pl3 ステートフル サービスの整数属性プール
      pfa_attrconn_pl3 ステートフル サービスの属性接続プール
      pfa_ctx_pl3 ステートフル サービスのコンテキスト プール
      pfa_key_ace_pl3 ステートフル サービスの整数属性キー プール
      pfa_value_ace_pl3 ステートフル サービスの整数属性値プール
      lb_pkt_pl3 ロード バランサの一時パケット キャッシュ プール

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ノード] を選択します。
  3. [Edge トランスポート ノード] タブをクリックします。
  4. Edge ノードの名前をクリックします。
  5. [監視] タブをクリックします。
    CPU、メモリ、ディスクの使用量情報が、ノードのステータス、ネットワーク インターフェイス、NAT ルールの統計情報とともに表示されます。