URL 分析は NSX Edge クラスタ レベルで有効にします。

  1. [セキュリティ] > [URL 分析] > [設定] の順に移動します。
  2. URL 分析を開始する Edge クラスタで [有効] バーに切り替えます。NSX Edge では、カテゴリと評価の定義をダウンロードするため、インターネット アクセスが必要になります。
  3. [設定] をクリックして、コンテキスト プロファイルを追加し、[URL カテゴリ] 属性を設定します。URL 分析プロファイルには、分析対象トラフィックのカテゴリを指定します。プロファイルを作成しないと、すべてのトラフィックが分析されます。詳細については、コンテキスト プロファイルの追加を参照してください。
  4. URL 分析でドメイン情報を分析できるように、DNS トラフィックにレイヤー 7 ゲートウェイ ファイアウォール ルールを設定します。レイヤー 7 DNS ルールの作成 を参照してください。
  5. 有効にすると、NSX Edge ノードごとにクラウド サービスへの接続状態を確認できます。使用されている URL データのバージョンを確認することもできます。