CSM アプライアンスと NSX Manager を接続して、これらのコンポーネントが相互通信できるようにする必要があります。

前提条件

  • NSX Manager がインストールされていて、NSX Manager に管理者アカウントでログインするためのユーザー名とパスワードが必要です。
  • CSM がインストール済みで、エンタープライズ管理者ロールが CSM に割り当てられている必要があります。

手順

  1. ブラウザから CSM にログインします。
  2. セットアップ ウィザードでプロンプトが表示されたら、[設定の開始] をクリックします。
  3. [NSX Manager の認証情報] 画面で、次の詳細を入力します。
    オプション 説明
    NSX Manager のホスト名 NSX Manager の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します(分かっている場合)。NSX Manager の IP アドレスを入力することもできます。
    管理者認証情報 NSX Manager のエンタープライズ管理者のユーザー名とパスワードを入力します。
    NSX Manager のサムプリント オプションで NSX Manager のサムプリント値を入力します。このフィールドを空白のままにすると、システムはサムプリントを識別し、次の画面に表示します。
  4. (オプション) NSX Manager にサムプリント値を指定しなかった場合、または値が正しくない場合は、[サムプリントの確認] 画面が表示されます。チェック ボックスを選択し、システムによって検出されたサムプリントを受け入れます。
  5. [接続] をクリックします。
    注: セットアップ ウィザードでこの設定をしなかった場合、または関連付けられた NSX Manager を変更する場合は、 CSM にログインし、 [システム] > [設定] の順にクリックし、 [関連付けられた NSX ノード] というパネルで [構成] をクリックします。
    CSM は、 NSX Manager のサムプリントを確認して、接続を確立します。
  6. (オプション) プロキシ サーバを設定します。(オプション)プロキシ サーバの設定の手順を参照してください。