サーバ仮想化ではプログラムによって、仮想マシンの作成および管理を行います。NSX-T Data Center のネットワーク仮想化は、同じような方法で、ソフトウェア ベースの仮想ネットワークの作成および管理を行います。

ネットワーク仮想化では、ネットワーク ハイパーバイザーと同等の機能によって、レイヤー 2 からレイヤー 7 までのネットワーク サービス(スイッチング、ルーティング、アクセス コントロール、ファイアウォール、QoS など)をソフトウェアで完全に再現します。プログラムでこれらのサービスを任意に組み合わせ、独自の隔離された仮想ネットワークをわずか数秒で構築できます。

NSX-T Data Center は、管理プレーン、制御プレーン、およびデータ プレーンの 3 つのプレーンを実装することで機能します。それぞれ独立し、相互に連携する 3 つのプレーンは、 NSX Manager およびトランスポート ノードの 2 種類のノードに、プロセス、モジュール、およびエージェントのセットとして実装されます。
  • すべてのノードで管理プレーン エージェントをホストします。
  • NSX Manager ノードは、API サービスと、管理プレーンのクラスタ デーモンをホストします。
  • NSX Controller ノードは、統合制御プレーンのクラスタ デーモンをホストします。
  • トランスポート ノードは、ローカル制御プレーンのデーモンと転送エンジンをホストします。

NSX Manager は、ノードのクラスタに Policy Manager、管理、統合制御サービスをマージする 3 ノードによるクラスタリングをサポートします。NSX Manager クラスタリングでは、ユーザー インターフェイスと API による高可用性が提供されます。管理プレーン ノードと制御プレーン ノードのコンバージェンスにより、NSX-T Data Center 管理者による展開と管理が必要な仮想アプライアンスの数は削減されています。

NSX Manager アプライアンスは、異なる展開シナリオに対し、3 種類のサイズで使用可能です。
  • Small アプライアンスは、ラボや事前検証の展開に適しています。
  • さらに、最大 64 台のホストから成る Medium アプライアンスと、大規模な環境に展開するお客様向けの Large アプライアンスが利用可能です。

NSX Manager 仮想マシンとホスト トランスポート ノードのシステム要件構成の上限ツールを参照してください。