ESXi ホストから NSX-T Data Center をアンインストールする前に、アンインストールのための適切なネットワーク マッピングが設定されていることを確認します。マッピングは、 ESXi ホストで VMkernel インターフェイスが N-VDS に接続されている場合に必要です。

アンインストール マッピングは、アンインストール後にインターフェイスが接続される場所を決定します。物理インターフェイス (vmnicX) と VMkernel インターフェイス (vmkX) のアンインストール マッピングがあります。アンインストールを実行すると、VMkernel インターフェイスは、現在の接続から、アンインストール マッピングで指定されたポート グループに移動されます。物理インターフェイスがアンインストール マッピングに含まれている場合、物理インターフェイスは、VMkernel インターフェイスのターゲットのポート グループに基づいて、適切な vSphere Distributed Switch または vSphere 標準スイッチに接続されます。
注意: 物理インターフェイスまたは VMkernel インターフェイスが N-VDS に接続されている場合、 ESXi ホストから NSX-T Data Center をアンインストールする影響が出る場合があります。ホストまたはクラスタが vSAN などの他のアプリケーションに参加している場合、それらのアプリケーションはアンインストールの影響を受ける可能性があります。
アンインストールのためのネットワーク マッピングを設定できる場所は 2 つあります。
  • トランスポート ノード設定。これはそのホストに適用されます。
  • トランスポート ノード プロファイル設定。これはクラスタに適用されます。
    注: トランスポート ノード プロファイルをクラスタに適用するには、コンピュート マネージャが設定されている必要があります。

コンピュート マネージャが設定されている場合、ホストはトランスポート ノード設定とトランスポート ノード プロファイル設定の両方を持つことができます。最後に適用された設定がアクティブになります。アンインストールのためのネットワーク マッピングがアクティブ設定で正しく設定されていることを確認します。

基盤となるセグメントまたは仮想マシンがトランスポート ノードに接続されている場合、そのトランスポート ノードの設定は上書きできません。たとえば、ホスト 1 がトランスポート ノード 1 として構成され、ホスト 2 が準備されていない 2 つの ESXi ホスト クラスタがあるとします。セグメントと仮想マシンはトランスポート ノード 1 に接続しています。トランスポート ゾーン 1 に関連付けられているトランスポート ノードとしてホスト 1 を準備した後、そのクラスタにトランスポート ゾーン 2 に関連付けられているトランスポート ノード プロファイルを適用すると、NSX-T はトランスポート ノード構成をトランスポート ノード プロファイル構成で上書きしません。ホスト 1 の構成を正常に上書きするには、仮想マシンをパワーオフしてセグメントを切断した後に、トランスポート ノード プロファイルを適用してホスト 1 をトランスポート ゾーン 2 に関連付け、トランスポート ゾーン 1 との関連付けを解除します。

この例では、クラスタ cluster-1 には、トランスポート ノード プロファイル TNP-1 が適用されています。ホスト tn-1 に「設定が一致しません」と表示されます。この不一致メッセージは、トランスポート ノード プロファイルが適用された後に、別の設定が tn-1 に適用されたことを示しています。トランスポート ノード tn-2 はトランスポート ノード プロファイルのネットワーク マッピングを使用し、トランスポート ノード tn-1 は独自の設定を使用します。

前提条件

  • アンインストール マッピングで使用するための適切なポート グループが設定されていることを確認します。vSphere Distributed Switch の短期ポート グループまたは vSphere 標準スイッチのポート グループを使用する必要があります。
  • スタンドアローン ESXi ホストのアンインストール マッピングで vSphere Distributed Switch のポート グループを使用する場合は、コンピュート マネージャを設定します。コンピュート マネージャの追加 を参照してください。コンピュート マネージャが設定されていない場合は、vSphere 標準スイッチのポート グループを使用する必要があります。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] を選択します。
  3. アンインストールする N-VDS スイッチの各ホストについて、アンインストールのためのネットワーク マッピングに、N-VDS 上の各 VMkernel インターフェイスのポート グループが含まれていることを確認します。不足しているマッピングを追加します。
    重要:
    • アンインストールのためのネットワーク マッピング内のポート グループは、vSphere Distributed Switch の短期ポート グループまたは vSphere 標準スイッチのポート グループである必要があります。
    1. VMkernel インターフェイスを表示するには、vCenter Server にログインし、ホストを選択して [設定] > [VMkernel アダプタ] をクリックします。
    2. トランスポート ノード構成がアクティブ構成の場合は、ホストを選択して [編集](スタンドアローン ホストの場合)または [NSX の設定](管理対象ホストの場合)をクリックします。[次へ] をクリックして、[アンインストール用のネットワーク マッピング] をクリックします。[vmknic のマッピング] タブと [物理 NIC のマッピング] タブでマッピングを確認します。
    3. トランスポート ノード プロファイルがアクティブ構成の場合は、[NSX 設定] 列でクラスタのトランスポート ノード プロファイルの名前をクリックして、[編集] をクリックします。[ホスト スイッチ] タブで、[アンインストール用のネットワーク マッピング] をクリックします。[vmknic のマッピング] タブと [物理 NIC のマッピング] タブでマッピングを確認します。
  4. アンインストールする VDS スイッチ上の各ホストについて、次のことを行います。
    1. ホスト スイッチが vSphere Distributed Switch の場合、NSX Manager UI でインストールまたはアンインストール用のネットワーク マッピングを設定できません。このため、vCenter Server で、NSX ポート グループに接続しているすべての VMkernel アダプタを分散仮想ポート グループまたは VSS ポート グループに移行します。VDS の NSX ポート グループに接続している VMkernel アダプタがあると、アンインストールに失敗します。