ベアメタル サーバ ワークロードのアプリケーション インターフェイスを作成または移行する前に、NSX-T Data Center を設定し、Linux サードパーティ パッケージをインストールする必要があります。

NSX-T Data Center は、Linux OS のインターフェイス ボンディングをサポートしていません。ベアメタル サーバのトランスポート ノードには、Open vSwitch (OVS) のボンディングを使用する必要があります。ナレッジベースの記事 KB67835、Bare Metal Server supports OVS bonding for Transport Node configuration in NSX-Tを参照してください。

手順

  1. 必要なサードパーティ パッケージをインストールします。
  2. TCP および UDP ポートを設定します。
    https://ports.vmware.com/home/NSX-T-Data-Center を参照してください。
  3. ベア メタル サーバを NSX-T Data Center ファブリックに追加し、トランスポート ノードを作成します。
  4. Ansible Playbook を使用してアプリケーション インターフェイスを作成します。