VLAN マイクロセグメンテーションでは、クラスタの選択、アップリンクの割り当て、VMkernal (VMK) ポートの移行を行います。

簡素化された VLAN マイクロセグメンテーションのワークフローは次のとおりです。
  • トランスポート ノード プロファイルが作成され、選択したクラスタに割り当てられます。プロファイル名は展開後に編集できます。
  • ユーザーが各クラスタにアップリンクと物理 NIC (pNIC) のマッピングを選択します。vSphere 7 と NSX-T 分散仮想スイッチ (N-VDS) の両方がサポートされます。
  • オプション:NSX-T は、選択された VMkernal (VMK) ポートを、自動的に作成された N-VDS に移行します。ユーザーが各 VMK インターフェイスの VLAN セグメントを指定します。移行を行う前に、すべての仮想マシンをパワーオフします。
  • バージョン 6.7 以前の ESXi ホストの場合、NVDS が作成され、アップリンクと物理 NIC のマッピングが表示されます。
  • バージョン 7.0 の ESXi ホストとバージョン 7.0 VDS の両方を使用している場合は、アップリンクのマッピングが表示されます。これらのアップリンクが VDS にマッピングされます。
  • VMkernal の移行は VDS でサポートされていません。
VLAN でバッキングされたマイクロセグメンテーションのウィザードを開始する前に、コンピュート マネージャを用意しておく必要があります。
  1. [システム] > [はじめに] の順に移動します。VLAN を使用してマイクロセグメンテーションのクラスタを準備するには、[はじめに - VLAN マイクロセグメンテーション用のクラスタの準備] をクリックします。
  2. 準備するクラスタを使用可能なクラスタのリストから選択します。トランスポート ノード プロファイルを適用していないクラスタのみが表示されます。各クラスタを展開して、そこに含まれているホストを表示します。スタンドアローン ホストは表示されません。
  3. クラスタ名、ホストの IP アドレス、ホスト名、またはホストのバージョンでクラスタをフィルタリングするには、画面の右側にあるフィルタ アイコンをクリックします。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 各クラスタで N-VDS または VDS のアップリンクとして割り当てられる物理 NIC (pNIC) を選択します。クラスタ全体で共通の物理 NIC が一覧表示されます。vSphere 7 と VDS の両方がサポートされます。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. (オプション) VMkernal の移行に、仮想 NIC が VLAN セグメントに移行されるインターフェイスを設定するには、[選択] をクリックします。移行を行う前に、すべての仮想マシンをパワーオフします。
  8. (オプション) 既存のセグメントを選択するか、セグメント名と VLAN ID を入力してセグメントを作成します。
  9. (オプション) [適用] をクリックします。セグメントが自動的に VMkernal にマッピングされます。
  10. [終了] をクリックします。