VMkernel アダプタの移行は、VDS または VDS ホスト スイッチを使用するトランスポート ノードでサポートされます。このセクションで説明するシナリオでは、ホスト プロファイルが適用されていないホストで、VMkernel 0 (vmk0) アダプタを N-VDS または VDS スイッチに移行します。vmk0 アダプタは、NSX-T の管理トラフィックをサポートします。

vmk0 がすでに存在するため、ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用する必要はありません。vmk0 アダプタは、 ESXi ホストの管理トラフィックをサポートします。

シナリオ 手順 結果
スタンドアローン ホストで vmk0 を移行する。 ターゲット ホストで NSX-T を設定する場合は、[インストールのネットワーク マッピング] フィールドに、N-VDS の論理スイッチにマッピングされている vmk0 が指定されていることを確認します。 vmk0 がターゲット ホストの論理スイッチに移行されます。
クラスタ ホストで vmk0 を移行する。 TN プロファイルをクラスタに適用します。TN プロファイルをクラスタに設定する場合は、[インストールのネットワーク マッピング] フィールドに、N-VDS の論理スイッチにマッピングされている vmk0 が指定されていることを確認します。 vmk0 がターゲット ホストの論理スイッチに移行されます。