このセクションでは、ターゲット クラスタにステートレス ホストが存在する場合の使用事例について説明します。

重要: ステートレス ターゲット ホストの場合:
  • (N-VDS スイッチ上で)NSX-T 2.4 と NSX-T 2.4.1 では、VSS/DVS から N-VDS に vmk0 アダプタを移行できません。
  • (N-VDS スイッチ上で)NSX-T 2.5 では、VSS/DVS から N-VDS への vmk0 アダプタの移行がサポートされています。
  • (VDS スイッチ上で)VMkernel アダプタの移行はサポートされません。
ターゲット ホスト リファレンス ホストの構成 ターゲット ホストの Auto Deploy の手順
ターゲット ホストに vmk0 アダプタが設定されています。

リファレンス ホストから抽出されたホスト プロファイルでは、N-VDS スイッチに vmk0 が設定されています。

NSX-T では、TNP に vmk0 移行マッピングのみが設定されています。

  1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。

    vmk0 アダプタが vSwitch に接続します。

  2. 必要に応じて、ホストのカスタマイズを更新します。
  3. ホストを再起動します。ホスト プロファイルがホストに適用されます。vmk0 が一時スイッチに接続されます。
  4. TNP を適用します。

    vmk0 アダプタが N-VDS に移行されます。

ターゲット ホストが ESXiNSX-T VIB で正常に展開されました。

ターゲット ホストに vmk0 アダプタが設定されています。

リファレンス ホストから抽出されたホスト プロファイルでは、vSwitch に vmk0 が設定され、N-VDS スイッチに vmk1 が設定されています。

NSX-T では、TNP に vmk1 移行マッピングのみが設定されています。

  1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。

    vmk0 アダプタが vSwitch に接続されますが、vmk1 はどのスイッチにも認識されません。

  2. 必要に応じて、ホストのカスタマイズを更新します。
  3. ホストを再起動します。

    vmk0 が vSwitch に接続され、vmk1 が一時 NSX スイッチに接続されます。

  4. TNP を適用します。

    vmk1 アダプタが N-VDS に移行されます。

  5. (オプション)ホストがホスト プロファイルに準拠していない場合は、ホストを再起動してホストに準拠させます。
ターゲット ホストが ESXiNSX-T VIB で正常に展開されました。
ターゲット ホストに vmk0 アダプタが設定されています。

リファレンス ホストから抽出されたホスト プロファイルでは、vSwitch に vmk0 が設定され、N-VDS スイッチに vmk1 が設定されています。

NSX-T では、TNP に vmk0 と vmk1 の移行マッピングのみが設定されています。

  1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。

    vmk0 アダプタが vSwitch に接続されますが、vmk1 はどのスイッチにも認識されません。

  2. 必要に応じて、ホストのカスタマイズを更新します。
  3. ホストを再起動します。

    vmk0 アダプタが vSwitch に接続され、vmk1 が一時 NSX スイッチに接続されます。

  4. TNP を適用します。
  5. (オプション)ホストがホスト プロファイルに準拠していない場合は、ホストを再起動してホストに準拠させます。

ターゲット ホストが ESXiNSX-T VIB で正常に展開されました。

ターゲット ホストに vmk0 アダプタと vmk1 アダプタが設定されています。

リファレンス ホストから抽出されたホスト プロファイルでは、vSwitch に vmk0 が設定され、N-VDS スイッチに vmk1 が設定されています。

NSX-T では、TNP に vmk1 移行マッピングが設定されています。

  1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。

    vmk0 アダプタと vmk1 アダプタが vSwitch に接続します。

  2. 必要に応じて、ホストのカスタマイズを更新します。
  3. ホストを再起動します。
  4. TNP を適用します。

    vmk0 アダプタが vSwitch に接続され、vmk1 が N-VDS スイッチに接続されます。

  5. (オプション)ホストがホスト プロファイルに準拠していない場合は、ホストを再起動してホストに準拠させます。

ターゲット ホストが ESXiNSX-T VIB で正常に展開されました。

ターゲット ホストに vmk0 アダプタと vmk1 アダプタが設定されています。

リファレンス ホストから抽出されたホスト プロファイルでは、N-VDS に vmk0 と vmk1 が設定されています。

NSX-T では、TNP に vmk0 と vmk1 の移行マッピングが設定されています。

  1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。

    vmk0 アダプタと vmk1 アダプタが vSwitch に接続します。

  2. 必要に応じて、ホストのカスタマイズを更新します。
  3. ホストを再起動します。
  4. TNP を適用します。

    vmk0 と vmk1 が N-VDS スイッチに移行されます。

ターゲット ホストが ESXiNSX-T VIB で正常に展開されました。