Network I/O Control (NIOC) プロファイルを使用して、ビジネス上不可欠なアプリケーションにネットワーク バンド幅を割り当てたり、いくつかの種類のトラフィックが共通のリソースで競合する問題を解決したりします。

NIOC プロファイルは、ホスト上の物理アダプタのキャパシティに基づいて、システム トラフィックのバンド幅を予約するメカニズムを導入しています。Network I/O Control のバージョン 3 の機能では、ネットワーク リソース予約とスイッチ全体への割り当てが向上しています。

NSX-T Data Center 向け Network I/O Control バージョン 3 は、仮想マシンや、 vSphere Fault Tolerance のインフラストラクチャ サービスに関連するシステム トラフィックのリソース管理をサポートします。システム トラフィックは、 ESXi ホストに完全に関連付けられています。
注: NIOC プロファイルは、 NSX Edge トランスポート ノードに適用できません。

システム トラフィックに対するバンド幅の確保

Network I/O Control バージョン 3 では、シェア、予約、および制限の構造を使用して、仮想マシンのネットワーク アダプタにバンド幅をプロビジョニングします。これらの構造は、NSX-T Data Center Manager ユーザー インターフェイスで定義できます。仮想マシン トラフィックのバンド幅予約は、アドミッション コントロールでも使用されます。仮想マシンをパワーオンすると、アドミッション コントロール ユーティリティは、十分なバンド幅が使用できることを確認してから、リソース キャパシティの提供が可能なホストに仮想マシンを配置します。

システム トラフィックのバンド幅割り当て

vSphere Fault Tolerance、 vSphere vMotion、仮想マシンなどによって生成されるトラフィックに一定量のバンド幅を割り当てるように Network I/O Control を設定できます。
  • 管理トラフィック:ホスト管理のトラフィックです。
  • Fault Tolerance (FT) トラフィック:フェイルオーバーとリカバリのトラフィックです。
  • NFS トラフィック:ネットワーク ファイル システムでのファイル転送に関連したトラフィックです。
  • vSAN トラフィック:仮想ストレージ エリア ネットワークによって生成されるトラフィックです。
  • vMotion トラフィック:コンピューティング リソースの移行トラフィックです。
  • vSphere Replication トラフィック:レプリケーションのトラフィックです。
  • vSphere Data Protection バックアップ トラフィック:データのバックアップによって生成されるトラフィックです。
  • 仮想マシン トラフィック:仮想マシンによって生成されるトラフィックです。
  • iSCSI トラフィック:iSCSI (Internet Small Computer System Interface) のトラフィック。

vCenter Server は、Distributed Switch の割り当てを、スイッチに接続されているホストの各物理アダプタに伝達します。

システム トラフィックのバンド幅割り当てパラメータ

Network I/O Control サービスでは、いくつかの構成パラメータを使用して、vSphere システムの基本機能からのトラフィックにバンド幅を割り当てます。システム トラフィックの割り当てパラメータ。

システム トラフィックの割り当てパラメータ

  • シェア:シェアは、同じ物理アダプタ上で有効な他のシステム トラフィック タイプを基に、システム トラフィック タイプの相対的な優先度を 1 から 100 で示します。システム トラフィック タイプに割り当てられた相対的なシェアと、他のシステム機能で転送されたデータの量により、システム トラフィック タイプに使用できるバンド幅が決まります。
  • 予約:単一の物理アダプタ上で確保する必要のあるアップリンク帯域幅の割合。すべてのシステム トラフィック タイプで予約される合計バンド幅は、最低キャパシティを備えた物理ネットワーク アダプタが提供できるバンド幅の 75% を超過することはできません。未使用の予約バンド幅は、システム トラフィックの他のタイプで利用できるようになります。ただし、Network I/O Control では、システム トラフィックが使用しないキャパシティを仮想マシンの配置に再配分しません。
  • 制限:単一物理アダプタでシステム トラフィック タイプが使用できる最大バンド幅 (Mbps)。
注: 物理ネットワーク アダプタのバンド幅は最大 75% まで予約することができます。

たとえば、10 GbE ネットワーク アダプタが ESXi ホストに接続されている場合、各トラフィック タイプには 7.5 Gbps のバンド幅のみを割り当てることができます。未予約の容量が多く残ることがあります。ホストは、未予約のバンド幅をシェア、制限、使用量に応じて動的に割り当てることができます。ホストは、システム機能の処理に十分なバンド幅のみを予約します。