NSX Manager または他の NSX-T Data Center アプライアンスをインストールする前に、環境がサポートされている要件を満たしていることを確認します。

ホスト トランスポート ノードとしてサポートされているハイパーバイザー

ハイパーバイザー バージョン CPU コア メモリ
vSphere サポート対象の vSphere バージョン 4 16 GB
CentOS Linux KVM 7.6 4 16 GB
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) KVM 7.7、7.6 4 16 GB
SUSE Linux Enterprise Server KVM 12 SP3、12 SP4 4 16 GB
Ubuntu KVM 16.04、18.04.2 LTS 4 16 GB
注: vSphere ESXi バージョン 7.x.x を実行しているハイパーバイザー ホストでメモリ エラーが発生しないようにするには、 NSX Manager を展開する前に 16 GB 以上のメモリが使用可能であることを確認します。
表 1. NSX Manager でサポートされているホスト
サポートの説明 ハイパーバイザー
ESXi サポート対象のホストについては、VMware 製品互換性マトリクスを参照してください。
KVM RHEL 7.6 および Ubuntu 18.04.2 LTS

ESXi ホストに対しては、NSX-T Data CentervSphere 6.7 U1 以降でホスト プロファイルおよび Auto Deploy 機能をサポートします。詳細については、『VMware ESXi のインストールとセットアップ』の「vSphere Auto Deploy について」を参照してください。

注意: RHEL と Ubuntu で yum update コマンドを実行すると、カーネルのバージョンが更新されることがあります。バージョンが 4.14.x 以前でないと、 NSX-T Data Center との互換性はなくなります。 yum update を実行する場合は、カーネルの自動更新を無効にします。また、 yum install を実行した後、 NSX-T Data Center が該当のカーネルのバージョンをサポートしていることを確認します。

ハイパーバイザー ホストのネットワーク要件

使用する NIC カードは、 NSX-T Data Center が実行されている ESXi のバージョンと互換性がある必要があります。サポートされている NIC カードについては、 VMware 互換性ガイド を参照してください。
ヒント: 互換性ガイドで互換性のあるカードをすばやく識別するには、次の基準を適用します。
  • [I/O デバイス タイプ] で、ネットワーク を選択します。
  • サポートされている GENEVE カプセル化を使用するには、[機能] で、GENEVE オプションを選択します。
  • 拡張データ パスを使用するには、N-VDS 拡張データ パス を選択します。

拡張データ パスの NIC ドライバ

My VMware 画面からサポート対象の NIC ドライバをダウンロードします。

NIC カード NIC ドライバ

Intel 82599

ixgben 1.1.0.26-1OEM.670.0.0.7535516

Intel(R) Ethernet Controller X710 for 10GbE SFP+

Intel(R) Ethernet Controller XL710 for 40GbE QSFP+

i40en 1.2.0.0-1OEM.670.0.0.8169922

NSX Manager 仮想マシンのリソース要件

シン仮想ディスクのサイズは 3.8 GB、シック仮想ディスクのサイズは 300 GB です。

アプライアンスのサイズ メモリ vCPU ディスク容量 仮想マシンのハードウェア バージョン
NSX Manager 極小規模 8 GB 2 300 GB 10 以降
NSX Manager の小規模な仮想マシン 16 GB 4 300 GB 10 以降
NSX Manager の中規模の仮想マシン 24 GB 6 300 GB 10 以降
NSX Manager の大規模な仮想マシン 48 GB 12 300 GB 10 以降
注: NSX Manager では、これまで個別のアプライアンスを必要としていた複数のロールを提供しています。これには、ポリシー ロール、管理プレーン ロール、中央制御プレーン ロールが含まれます。中央制御プレーン ロールは、これまで NSX Controller アプライアンスによって提供されていました。
  • 極小規模な仮想マシンのリソース サイズは、Cloud Service Manager アプライアンス (CSM) にのみ使用できます。必要に応じて、極小規模以上の仮想マシン サイズに CSM を展開します。詳細については、NSX Cloud の展開の概要を参照してください。

  • NSX Manager の小規模な仮想マシンのアプライアンス サイズは、ラボおよび POC(事前検証)の環境に適しています。本番環境では使用しないでください。

  • NSX Manager の中規模の仮想マシンのアプライアンス サイズは、一般的な本番環境に適しています。このアプライアンス サイズを使用して構成された NSX-T 管理クラスタは、最大 64 のハイパーバイザーをサポートできます。

  • NSX Manager の大規模な仮想マシンのアプライアンス サイズは、大規模な環境に適しています。このアプライアンス サイズを使用して構成された NSX-T 管理クラスタは、64 を超えるハイパーバイザーをサポートできます。

NSX Manager の大規模な仮想マシンのアプライアンス サイズを使用して最大のスケーリングを行う場合は、https://configmax.vmware.com/guest にある VMware Configuration Maximums ツールに移動し、製品リストから NSX-T Data Center を選択します。

言語サポート

NSX Manager は、英語、ドイツ語、フランス語、日本語、簡体字中国語、韓国語、繁体字中国語、スペイン語にローカライズされています。

NSX Manager のブラウザのサポート

NSX Manager には次のブラウザを使用することをおすすめします。

ブラウザ Windows 10 Mac OS X 10.13、10.14 Ubuntu 18.04
Google Chrome 80
Mozilla Firefox 72
Microsoft Edge 80
Apple Safari 13
注:
  • Internet Explorer はサポートされていません。
  • サポートされるブラウザの最小解像度は、1280 × 800 ピクセルです。
  • 言語サポート:NSX Manager は、英語、ドイツ語、フランス語、日本語、簡体字中国語、韓国語、繁体字中国語、スペイン語にローカライズされています。NSX Manager のローカライズではブラウザの言語設定が使用されるため、設定が目的の言語と一致することを確認してください。NSX Manager インターフェイス自体に言語プリファレンスはありません。

ネットワーク遅延の要件

NSX Manager クラスタの NSX Manager 間のネットワークの最大遅延は 10 ミリ秒です。

NSX Manager とトランスポート ノード間のネットワークの最大遅延は 150 ミリ秒未満です。

ストレージ要件

  • ディスク アクセスの最大遅延は 10 ミリ秒未満です。
  • NSX Manager は共有ストレージに配置することをおすすめします。
  • ストレージ障害の発生ですべての NSX Manager のファイル システムが読み取り専用モードにならないように、ストレージを高可用性にする必要があります。

    最適な高可用性ストレージ ソリューションを設計する方法については、ご使用のストレージ テクノロジーのドキュメントを参照してください。