vSphere Distributed Switch (VDS) をホスト スイッチとして使用して NSX-T トランスポート ノードを構成する前に、vCenter Server 7.0 以降のバージョンで作成された VDS が NSX-T トラフィックを管理するように構成されていることを確認します。

VDS スイッチを使用してクラスタまたはスタンドアローンの管理対象ホストを構成する手順
重要: NSX-T ネットワークをサポートする VDS スイッチを作成するには、次の条件を満たす必要があります。
  • vCenter Server 7.0 以降のバージョン
  • ESXi 7.0 以降のバージョン

前提条件

  • ネットワーク要件を満たすために必要な数の物理 NIC が ESXi ホストにあることを確認します。たとえば、チーミング ポリシーとリモート SPAN ポート ミラーリングを設定する場合は、アップリンクの競合を回避するため、未使用の物理 NIC が存在することを確認します。

手順

  1. vCenter Server で、VDS を作成します。VDS の作成方法については、『vSphere ネットワーク』を参照してください。
    • VDS の MTU 値を 1600 以上に設定します。
    • NSX-T ネットワークに準備するホストをスイッチに接続します。
    • VDS のアップリンクに物理 NIC を割り当てます。
  2. NSX-T で、アップリンク プロファイルを追加して、NSX-T アップリンクと VDS アップリンクをマッピングするチーミング ポリシー マッピングを定義します。
  3. NSX-T で、VDS をホスト スイッチとして使用して ESXi ホストを準備します。

    構成の最後に、VDS をホスト スイッチとして使用する NSX-T トランスポート ノードとしてホストが準備されます。

次のタスク

トランスポート ノードとしてホストを構成します。管理対象ホストのトランスポート ノードの構成 を参照してください。