スナップショットを作成して保存するため、仮想マシンとして NSX ManagerNSX Edge とその他のアプライアンス(グローバル マネージャ など)が構成されている場合があります。ただし、NSX-T アプライアンスのクローンとスナップショットはサポートされていないため、誤動作や他の問題が発生する可能性があります。このため、NSX-T アプライアンス仮想マシンでスナップショットを無効にすることを強くおすすめします。

注: NSX-T Data Center 3.0.1 以降では、アプライアンスが展開されると、スナップショットが自動的に無効になります。この設定を手動で行う必要はありません。

NSX-T アプライアンス仮想マシンで次の手順を実行します。

手順

  1. vSphere Client でアプライアンス仮想マシンを探します。
  2. 仮想マシンをパワーオフします。
  3. 仮想マシンを右クリックして、[設定の編集] を選択します。
  4. [仮想マシン オプション] タブをクリックし、[詳細] を展開します。
  5. [設定パラメータ] フィールドで、[設定の編集...] をクリックします。
  6. [設定パラメータ] ウィンドウで、[設定パラメータの追加] をクリックします。
  7. 次のように入力します。
    • 名前に snapshot.MaxSnapshots を入力します。
    • 値に 0 を入力します。
  8. [[OK]] をクリックして変更内容を保存します。
  9. 仮想マシンを再度パワーオンします。