これは、ステートレス ホストにのみ適用されます。このシナリオでは、トランスポート ノード プロファイルはステートレス クラスタに適用されません。ターゲット ホストには NSX-T がインストールされず、設定されていません。

手順

  1. ホストを再起動します。
    ターゲット ホストが ESXi イメージで起動します。起動後、TNP プロファイルがターゲット ホストに適用され、 NSX-T のインストールが完了するまで、ターゲット ホストはメンテナンス モードになります。次の順序でプロファイルがホストに適用されます。
    次の順序でプロファイルがホストに適用されます。
    • イメージ プロファイルがホストに適用されます。
    • ホスト プロファイルの設定がホストに適用されます。
    • NSX-T 構成がホストに適用されます。
  2. ESXi ホストがトランスポート ノードではないため、ホストの VMkernel アダプタが <N-LogicalSegment> という名前の一時セグメントに接続します。NSX-T がインストールされると、一時スイッチが実際の N-VDS と 論理セグメントに置き換えられます。
    ESXi VIB は、再起動されたすべてのホストに適用されます。 ESXi ホストの一時 NSX スイッチです。TNP がホストに適用されると、一時スイッチは実際の NSX-T スイッチに置き換えられます。

次のタスク

TNP をステートレス クラスタに適用します。ステートレス クラスタへの TNP の適用 を参照してください。