Ubuntu ホストに OVS パッケージがない場合は、このトピックをスキップしてください。Ubuntu ホストに OVS パッケージがすでに存在する場合は、既存の OVS パッケージを削除して、NSX-T でサポートされている OVS パッケージをインストールするか、既存の OVS パッケージを NSX-T でサポートされているパッケージにアップグレードする必要があります。

Open vSwitch のサポート対象のバージョンは 2.12.1.xxxxxx です。

手順

  1. ホストにインストールされている Open vSwitch の現在のバージョンを確認します。
    ovs-vswitchd --version
    重要: 既存の Open vSwitch パッケージが最新バージョンまたはそれ以前のバージョンの場合、既存の Open vSwitch パッケージをサポート対象のバージョンに置き換える必要があります。
  2. ホストに既存の Open vSwitch パッケージが存在するかどうかを確認します。
    dpkg -l | grep openvswitch
  3. NSX-T Data Center に必要な Open vSwitch パッケージに移動します。
    1. 管理者としてホストにログインします。
    2. nsx-lcp ファイルをダウンロードし、/tmp ディレクトリにコピーします。
    3. パッケージを解凍します。
      tar -zxvf nsx-lcp-<release>-ubuntu-xenial_amd64.tar.gz または
      tar -zxvf nsx-lcp-<version>-linux64-bionic_amd64.tar.gz
    4. パッケージ ディレクトリに移動します。
      cd nsx-lcp-xenial_amd64 または
      cd nsx-lcp-bionic_amd64
  4. nsx-lcp バンドルで Open vSwitch パッケージを確認します。

    ls | grep openvswitch

  5. Open vSwitch パッケージを削除します。
    dpkg --purge <package1> <package2> <package3>….
  6. Open vSwitch パッケージがホストで正常に削除された場合は、NSX Manager UI に進み、KVM ホストをトランスポート ノードとして準備します。Open vSwitch パッケージを削除できない場合は、次の手順に進みます。
  7. パッケージを削除できない場合は、既存の Open vSwitch パッケージをサポート対象のバージョンにアップグレードします。

    dpkg -iRB *openvswitch*.deb