NSX Manager Web インターフェイスには、ポリシーとマネージャの 2 つのモードがあります。デフォルトのモードを制御できます。また、ユーザー インターフェイスのモード ボタンでユーザーが切り替えられるようにすることもできます。

表示されている場合は、[ ポリシー] ボタンと [マネージャ] ボタンで、ポリシー モードとマネージャ モードを切り替えることができます。モードを切り替えると、使用できるメニュー項目が変わります。



  • デフォルトでは、環境内にポリシー モードで作成されたオブジェクトのみが存在する場合、ユーザー インターフェイスはポリシー モードになり、[ポリシー] ボタンと [マネージャ] ボタンは表示されません。
  • デフォルトでは、環境内にマネージャ モードで作成されたオブジェクトが存在していると、右上隅に [ポリシー] ボタンと [マネージャ] ボタンが表示されます。

ユーザー インターフェイスの設定を使用して、これらのデフォルトを変更できます。

モードの詳細については、NSX Manager の概要を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ユーザー インターフェイスの設定] に移動し、[編集] をクリックします。
  3. [切り替え表示][デフォルト モード] で、ユーザー インターフェイスの設定を変更します。
    切り替え表示 説明
    すべてのユーザーに表示 マネージャ モードのオブジェクトがある場合、モード ボタンがすべてのユーザーに表示されます。
    エンタープライズ管理者ロールを持つユーザーに表示 マネージャ モードのオブジェクトが存在する場合、エンタープライズ管理者ロールを持つユーザーにモード ボタンが表示されます。
    どのユーザーにも表示しない マネージャ モードのオブジェクトが存在する場合、どのユーザーにもモード ボタンが表示されません。
    [デフォルト モード] をポリシーまたはマネージャに設定できます。