ホストの移行中に、NSX for vSphere ホストを NSX-T ホストに移行するための変更が行われます。

  • NSX for vSphere ソフトウェアがアンインストールされます。
  • NSX-T ソフトウェアがインストールされます。
  • vSphere Distributed Switch バージョン 6.5.0 と 6.6.0 の場合:
    ホストに N-VDS が設定されて、 vSphere Distributed Switch が置き換えられます。
    • 各 N-VDS が作成されるときに、Distributed Switch の名前を参照する名前が付けられます。たとえば、Distributed Switch の名前が ComputeSwitchA の場合は、nvds.ComputeSwitchA という名前の N-VDS が作成されます。
    • クラスタごとに異なる Distributed Switch を使用して論理スイッチをバッキングする場合は、N-VDS を作成するときに、すべての Distributed Switch の名前を組み合わせた名前が付けられます。たとえば、論理スイッチをバッキングするのに ComputeCluster1 および ComputeCluster2 では Distributed Switch ComputeSwitchA を使用し、ComputeCluster3 では ComputeSwitchB を使用している場合は、作成された N-VDS の名前は nvds.ComputeSwitchA.ComputeSwitchB になります。
    • vSphere Distributed Switch 内の物理 NIC と vmk が N-VDS に移行されます。
    • NSX for vSphere VTEP は NSX-T Data Center TEP に移行されます。
  • vSphere Distributed Switch バージョン 7.0 の場合:
    vSphere Distributed Switch バージョン 7.0 用に構成されたホストは、移行後も同じスイッチを使用し続けます。
    • vSphere Distributed Switch の物理 NIC と vmk は、同じ vSphere 分散ポートグループに接続されたままになります。
    • NSX for vSphere VTEP は、NSX-T Data Center TEP に移行され、同じ vSphere Distributed Switch のスタンドアローン ポートに接続されます。