NSX-T Data Center 3.0.2 以降では、最小クラスタを使用する vSphere 環境を移行できます。

最小の vSphere クラスタの設計では、最初に NSX-T Data Center のすべての管理仮想マシンとワークロード仮想マシンを dvPortgroups に接続する必要があります。移行後、管理仮想マシンは NSX-T VLAN セグメントに接続します。

NSX-T Data Center の管理仮想マシンには、NSX ManagervCenter Server、VMware Identity Manager などのアプライアンスが含まれます。これらの管理仮想マシンを再起動すると、管理仮想マシンの接続先である NSX-T VLAN セグメント ポートは移行後にブロックされます。したがって、仮想マシンの再起動後に、管理仮想マシンとの接続が切断されることがあります。

この問題を回避するには、management_vms タグ カテゴリを作成し、このカテゴリにタグを追加します。このカテゴリのタグを NSX-T Data Center 環境内のすべての管理仮想マシンに割り当てます。Migration Coordinator は、management_vms タグ カテゴリのタグが設定され、ブロックされない VLAN セグメント ポートを常に使用する仮想マシンを移行します。

手順

  1. vSphere Client にログインします。
  2. [メニュー] > [タグとカスタム属性] の順にクリックします。
  3. [カテゴリ] をクリックして [新規] をクリックし、カテゴリを追加します。
    management_vms という名前のカテゴリを作成します。
  4. [タグ] タブをクリックして、management_vms カテゴリにタグを追加します。
  5. [メニュー] > [ホストおよびクラスタ] の順に移動します。
  6. 左側のナビゲータ ビューで最小クラスタを展開し、NSX Manager 仮想マシンの名前を右クリックして、[タグとカスタム属性] > [タグの割り当て] の順に選択します。
  7. management_vms カテゴリのタグを NSX Manager 仮想マシンに割り当てます。
  8. クラスタ内のすべての管理仮想マシンに手順 6 と 7 を繰り返します。
    タグ カテゴリとタグの詳細については、『 vCenter Server およびホスト管理』を参照してください。