Edge Services Gateway 仮想マシンを NSX-T Edge ノードに移行して、ルーティングおよびサービスが正しく機能していることを確認したら、NSX for vSphere ホストを NSX-T ホスト トランスポート ノードに移行できます。

移行の順序やホストの有効化など、ホストの移行に関連するいくつかの設定を行うことができます。これらの設定の影響を確認します。詳細については、NSX Data Center for vSphere ホスト移行の設定を参照してください。分散ファイアウォールまたは vSphere Distributed Switch 7.0 を使用している場合は、ホストの移行設定を理解することが特に重要になります。

ホストの移行中の処理の詳細については、ホストの移行中に行われる変更を参照してください。

注意:

ホストの移行は、Edge の移行と同じメンテナンス期間中に完了する必要があります。

前提条件

  • Edge の移行が終了し、すべてのルーティングおよびサービスが正しく動作していることを確認します。
  • すべての ESXi ホストが動作状態になっていることを確認します。切断状態を含む、ホストに関するすべての問題を解決します。メンテナンス モードを開始するには、保留中の再起動または保留中のタスクがないことを確認してください。

手順

  1. [開始] をクリックして、ホストの移行を開始します。

    すべてのホスト グループの移行モードに [インプレース] または[自動メンテナンス]を選択した場合、ホストの移行が開始します。

  2. 任意のホスト グループの移行モードに [手動メンテナンス] を選択した場合、メンテナンス モードに切り替えられるように、各仮想マシンで以下のいずれかのタスクを完了する必要があります。
    オプション アクション
    一時停止している仮想マシンをパワーオフする。
    1. 仮想マシンを右クリックします。[電源] > [パワーオフ] の順に選択するか、[電源] > [ゲスト OS をシャットダウン] の順に選択するか、[電源] > [一時停止] の順に選択します。
    2. ホストの移行後、仮想マシンのインターフェイスを適切な NSX-T セグメントに接続し、仮想マシンをパワーオンします。
    vMotion を使用して仮想マシンを移動します。
    1. 仮想マシンを右クリックして、[移行] を選択します。プロンプトに従って、仮想マシンを別のホストに移行します。
    コールド移行で仮想マシンを移動します。
    1. 仮想マシンを右クリックします。[電源] > [パワーオフ] の順に選択するか、[電源] > [ゲスト OS をシャットダウン] の順に選択するか、[電源] > [一時停止] の順に選択します。
    2. 仮想マシンを右クリックして、[移行] を選択します。プロンプトに従って、仮想マシンを別のホストに移動し、そのインターフェイスを適切な NSX-T セグメントに接続します。
    すべての仮想マシンが移動済み、パワーオフ、または一時停止状態になると、ホストがメンテナンス モードに切り替わります。コールド移行を使用して、移行中のホストがメンテナンス モードに入る前に、仮想マシンを別のホストに移動する場合は、仮想マシンの移動中に少なくとも 1 台の仮想マシンが実行されている必要があります。最後の仮想マシンンがパワーオフするか、一時停止になると、ホストはメンテナンス モードに切り替わり、 NSX-T へのホストの移行が開始します。

結果

移行モードに [インプレース] を選択して NSX-T にホストを移行すると、重大アラームが表示され、「ネットワーク接続が失われました」というメッセージが表示されることがあります。このアラームは、ホストの物理 NIC が以前接続していた vSphere Distributed Switch に接続していないために発生します。移行したホストを接続状態に戻すには、各ホストで [緑にリセット] をクリックして、警告が表示されないようにします。

1 台のホストで移行に失敗すると、実行中のホスト移行がすべて完了した後で、移行が一時停止します。このホストの問題を解決したら、[再試行] をクリックして、失敗したホストの移行を再試行します。

1 台のホストで移行に失敗した場合、そのホスト グループをグループ リストの最後に移動できます。これにより、失敗したホストの問題を解決している間に、他のホスト グループの移行を続けることができます。