NCP をインストールする前に、一部の NSX-T リソースを設定する必要があります。

注:NSX-T をインストールするときに、デフォルトのライセンスでは NCP のサポートに必要なオブジェクトを作成または更新できません。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-T-Data-Center/3.0/administration/GUID-8E665EAC-A44D-4FB3-B661-E00C467B2ED5.htmlを参照してください。

NSX Manager Web UI では、ポリシー モードとマネージャ モードの 2 つの方法でネットワーク リソースを構成できます。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-T-Data-Center/3.0/administration/GUID-BB26CDC8-2A90-4C7E-9331-643D13FEEC4A.htmlを参照してください。

NCP の NSX-T ネットワークを設定する場合、2 つの方法のいずれかを使用する必要がありますが、両方を使用する必要はありません。ポリシー モードを使用する場合は、NCP YAML ファイルの policy_nsxapi オプションをTrue に設定します。マネージャ モードを使用する場合は False に設定します。

以降のセクションでは、NSX-T Data Center のインストールと管理について理解していることを前提としています。詳細については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』と『 NSX-T Data Center 管理ガイド』を参照してください。