Kubernetes LoadBalancer サービスと Ingress リソースに対して NSX-T ロード バランサと NCP の統合を設定できます。

LoadBalancer タイプの Kubernetes サービスを設定するとレイヤー 4 ロード バランサが作成され、Kubernetes Ingress リソースを構成するとレイヤー 7 ロード バランサが作成されます。

ロード バランシングを構成するには、nsx-ncp-config ConfigMap で次の手順を実行します。

  1. use_native_loadbalancerTrue に設定します。
  2. (オプション)pool_algorithmROUND_ROBIN または LEAST_CONNECTION/IP_HASH に設定します。デフォルトは ROUND_ROBIN です。
  3. (オプション)service_sizeSMALLMEDIUM、または LARGE に設定します。デフォルトは SMALL です。ポリシー モードで、この値を、Tier-1 ゲートウェイのプール割り当てサイズに合わせて設定します。

LEAST_CONNECTION/IP_HASH アルゴリズムの場合、トラフィックの送信元 IP アドレスが同じであれば、同じバックエンド ポッドに送信されます。

各種サイズの NSX-T ロード バランサのサポート対象の詳細については、『NSX-T Data Center Administration Guide』を参照してください。

ロード バランサが作成された後に、構成ファイルを更新してロード バランサのサイズを変更することはできません。変更するには、NSX Manager ユーザー インターフェイスまたは API を使用します。

NCP がすべての仮想サーバの IP を入力するように IPset を設定できます。この機能を有効にするには、nsx-ncp-config ConfigMap の lb_vs_ip_set オプションを IPSet の名前または UUID に設定します。IPSet は、複数のクラスタで共有できます。IP はクラスタ全体で一意である必要があります。NCP は、IP の割り当てを管理します。