OpenShift クラスタと NCP をインストールするには、次の手順に従います。

OpenShift 4.3 を実行している場合は、OpenShift のインストール ガイドの手順に従って、OpenShift ルートが展開されているコンピューティング ノードを参照するように、アプリケーションのワイルドカード DNS エントリを指定します。NSX-T ロード バランサを使用する場合は、クラスタをインストールする前に次の構成を行います。
  • NCP ConfigMap で http_and_https_ingress_ip = <ingress_ip> を設定します。
  • 同じ Ingress IP アドレスを使用して DNS を設定します。次はその例です。
    ; sub-domain definitions
    $ORIGIN apps.upi.openshift.test.
    * A <ingress_ip>

次の手順に従って OpenShift クラスタと NCP をインストールします。

  1. インストール ファイルをダウンロードします。
  2. 次のコマンドを実行して、必要なソフトウェア パッケージをインストールします。
    ansible-playbook -i hosts playbooks/prerequisites.yml
  3. 次のコマンドを実行して、OpenShift クラスタをインストールします。
    ansible-playbook -i hosts playbooks/deploy_cluster.yml
  4. NCP YAML ファイルを準備します。

    仮想マシン環境の場合は、ncp-openshift.yaml を使用します。ベアメタル環境の場合は、ncp-openshift-bm.yaml を使用します。環境に合わせて変更を行います。

    NCP 3.0.1 以降では、OpenShift 4.3 がサポートされます。環境で OpenShift 4.3 を使用している場合は、NCP YAML ファイルに次の変更を行います。
        [coe]
        # Container orchestrator adaptor to plug in.
        adaptor = openshift4

    adaptoropenshift4 に設定すると、NCP は起動時にネットワーク CRD を処理し、更新します(クラスタの展開を完了するため)。また、OCP ルートに route.openshift.io CRD ドメインを使用します。正しいアダプタの値を設定していない場合は、正しい値を設定して NCP を再起動することでリカバリできます。

  5. NCP YAML ファイルを適用します。次はその例です。
    oc apply -f ncp-openshift.yaml