アップグレード手順の最後に管理プレーンをアップグレードします。管理プレーンのアップグレード中は、どのノードでも設定を変更しないようにします。

注: アップグレードを開始した後に、 NSX Manager ユーザー インターフェイスに一時的にアクセスできなくなります。その後、アップグレードが完了して管理プレーンが再起動されるまで、 NSX Manager ユーザー インターフェイス、API、CLI にアクセスできなくなります。

前提条件

NSX Edge クラスタが正常にアップグレードされたことを確認します。NSX Edge クラスタをアップグレードします。 を参照してください。

NSX-T Data Center 3.0 より前のバージョンからアップグレードする場合は、すべての NSX Manager アプライアンスで、100 GB の容量のセカンダリ ディスクをプロビジョニングします。セカンダリ ディスクが Upgrade Coordinator に検出されない場合は、アプライアンスを再起動します。

手順

  1. NSX Manager をバックアップします。
    NSX-T Data Center 管理ガイド』を参照してください。
  2. [開始] をクリックして、管理プレーンをアップグレードします。
  3. アップグレード通知に同意します。
    HTTP サービスの中断など、この時点で表示されるアップグレード関連のエラーは無視してかまいません。これらのエラーは、アップグレード中に管理プレーンが再起動していることが原因で表示されます。
    すべてのノードがアップグレードされるまで待機します。クラスタが安定状態になるまで数分かかる場合があります。
  4. CLI で NSX Manager にログインして、サービスが開始されていることを確認し、クラスタの状態を調べます。
    • get service

      サービスを開始すると、サービスの状態が「実行中」と表示されます。SSH、install-upgrade、manager などのサービスが該当します。

      get service を実行して、オーケストレータ ノードの IP アドレスのリストを取得します。 Enabled on を参照してください。この IP アドレスは、アップグレード プロセス全体で使用します。
      注: NSX-T Data Center のアップグレードで仮想 IP アドレスを使用しないでください。

      サービスが実行されていない場合は、問題のトラブルシューティングを行います。『NSX-T Data Center トラブルシューティング ガイド』を参照してください。

    • get cluster status

      グループの状態が「安定」でない場合は、問題のトラブルシューティングを行います。『NSX-T Data Center トラブルシューティング ガイド』を参照してください。

次のタスク

アップグレードの状態に応じて、アップグレード後の処理やエラーの解決を行います。アップグレード後のタスクまたはアップグレード エラーのトラブルシューティングを参照してください。