Upgrade Coordinator を使用して環境内のホストをアップグレードします。

前提条件

  • ホストのアップグレード プランが設定されていることを確認します。ホストの構成 を参照してください。
  • 無効になっている DRS クラスタの ESXi ホストまたはスタンドアローンの ESXi ホストがメンテナンス モードになっていることを確認します。

    完全に有効になっている DRS クラスタの ESXi ホストがメンテナンス モードになっていない場合、Upgrade Coordinator がホストにメンテナンス モードへの切り替えを要求します。アップグレード時に、vSphere DRS は仮想マシンを同じクラスタ内の別のホストに移行し、ホストをメンテナンス モードに切り換えます。

    注: ESXi ホストをメンテナンス モードに変更する前に、ホスト上に存在する NSX Edge 仮想マシンをパワーオフして、 NSX Edge 仮想マシンが同じホストに配置されていることを確認します。
  • ESXi ホストにインプレース アップグレードを行う場合は、テナント仮想マシンをパワーオフする必要はありません。
  • KVM ホストにインプレース アップグレードを行う場合は、仮想マシンをパワーオフする必要はありません。メンテナンス モードでアップグレードする場合は、仮想マシンをパワーオフします。
  • ESXi 6.5 U2/U3 または ESXi 6.7 U1/U2 を実行しているホストの場合、メンテナンス モードでの NSX-T Data Center 2.5.1 へのアップグレード中に、古い DV フィルタがホストに存在することが検出されると、ホストが再起動します。NSX-T Data Center のアップグレード中にホストが再起動しないようにする場合は、NSX-T Data Center 2.5.1 にアップグレードする前に、ESXi 6.7 U3 または ESXi 6.5 P04 にアップグレードします。
  • ステートレス ESXi ホストの場合、vCenter Server にログインし、NSX-T Data Center カーネル モジュールを使用して ESXi イメージを更新します。

手順

  1. [開始] をクリックして、ホストをアップグレードします。
  2. アップグレード プロセスを確認します。
    アップグレード全体の状態と各ホスト アップグレード ユニット グループの特定の状況を確認できます。アップグレードにかかる時間は、環境内のホスト アップグレード ユニット グループの数によって異なります。

    処理中のアップグレード ユニットが正常にアップグレードされるまで待ちます。その後、アップグレードを一時停止し、アップグレードされていないホスト アップグレード ユニット グループを構成して、アップグレードを再開することができます。

  3. [事後チェックの実行] をクリックして、アップグレードされたホストおよび NSX-T Data Center に問題がないことを確認します。
    注: ホスト アップグレード ユニットのアップグレードに失敗して、ホストを NSX-T Data Center から削除した場合は、Upgrade Coordinator を更新して、正常にアップグレードされたホスト アップグレード ユニットをすべて表示します。

    アップグレード中にホストに障害が発生した場合は、ホストを再起動して、アップグレードを再試行します。

  4. アップグレードが成功したら、NSX-T Data Center パッケージの最新バージョンが vSphere、KVM ホスト、ベアメタル サーバにインストールされていることを確認します。
    • vSphere ホストの場合は esxcli software vib list | grep nsx と入力します。
    • Ubuntu ホストの場合は dpkg -l | grep nsx と入力します。
    • SUSE Linux Enterprise Server、Red Hat または CentOS ホストの場合は、rpm -qa | egrep 'nsx|openvswitch|nicira' と入力します。
  5. アップグレードの前にパワーオフ状態だった ESXi スタンドアローン ホストのテナント仮想マシンをパワーオンします。
  6. 有効な DRS クラスタの一部で、vCenter Server によって管理されているホスト上のテナント仮想マシンを適切なホストに移行します。
  7. アップグレードの前にパワーオフされた無効な DRS クラスタの一部である ESXi ホストのテナント仮想マシンをパワーオンするか、元に戻します。

次のタスク

アップグレード プロセスが正常に終了した場合にのみ、アップグレードを続行できます。一部のホストが無効になっている場合は、続行する前に、これらのホストを有効にしてアップグレードする必要があります。管理プレーンのアップグレード を参照してください。

アップグレード エラーがある場合には、エラーを解決する必要があります。アップグレード エラーのトラブルシューティング を参照してください。