ESXi ホストがサポートされていない場合は、サポートされているバージョンに ESXi ホストを手動でアップグレードします。

前提条件

ESXi ホストがサポートされていることを確認します。サポートされるハイパーバイザーのアップグレード パス を参照してください。

手順

  • 次のいずれかのオプションを使用して、 ESXi ホストをアップグレードします。
    • ESXi CLI からアップグレードを実行します。
      1. ESXi ホストをメンテナンス モードに切り換えます。
      2. ESXi CLI から次のコマンドを実行します。
        esxcli software profile update --depot <path-to-depot-file> ESXi-X.X.X-XXXXXX-standard --allow-downgrades --no-sig-check
      3. VMware ESXi x.x の NSX カーネル モジュールをダウンロードします。
      4. NSX カーネル モジュールをインストールします。
        esxcli software vib install -d <path_to_kernel_module_file> --no-sig-check
      5. ESXi ホストを再起動します。
      6. ESXi ホストのメンテナンス モードを終了します。
    • vSphere Update Manager を使用してオフライン環境で ESXi をアップグレードします。
      1. サポートされているバージョンの vCenter Server にアップグレードします。
      2. アップグレードされた vCenter Server にログインします。
      3. サポートされている ESXi ソフトウェア デポをダウンロードして、Image Builder インベントリに追加します。
      4. VMware ESXi x.x の NSX カーネル モジュールをダウンロードして、Image Builder インベントリに追加します。
      5. カスタマイズしたソフトウェア デポを作成して新しいイメージ プロファイルを作成し、Image Builder インベントリに追加したソフトウェア デポからパッケージを選択します。
      6. イメージを ISO にエクスポートします。
      7. インストール用の ISO イメージを vSphere Update Manager リポジトリにアップロードします。
      8. vSphere Update Manager にアップロードされた ISO イメージに基づいてベースラインを作成し、クラスタに接続します。
      9. 修正プロセスを開始し、アップグレード プロセスが完了するまで待機します。
      10. アップグレードが失敗した場合は、修正プロセスを再度実行します。
    • ベースライン グループを使用してアップグレードを実行します。
      1. サポートされているバージョンの vCenter Server にアップグレードします。
      2. アップグレードされた vCenter Server にログインします。
      3. Lifecycle Manager で ESXi x.x のインストール ISO をアップロードし、VMware ESXi x.x の NSX カーネル モジュールをインポートします。
      4. インポートされた ESXi x.x.x.x インストール ISO を使用して、アップグレード ベースラインを作成します。
      5. アップロードされた NSX カーネル モジュールを使用して、拡張機能ベースラインを作成します。
      6. 前の手順で作成したベースラインを使用して、ベースライン グループを作成します。
      7. クラスタにベースライン グループを関連付けます。ホストの vmknic が構成されていることを確認します。DHCP を使用するように vmknics が構成されている場合は、DHCP サーバが稼動していることを確認します。
      8. 修正プロセスを開始し、アップグレード プロセスが完了するまで待機します。
      9. アップグレードが失敗した場合は、修正プロセスを再度実行します。