Ubuntu ホストがサポートされていない場合は、サポートされているバージョンに Ubuntu ホストを手動でアップグレードします。

前提条件

Ubuntu ホストがサポートされていることを確認します。サポートされるハイパーバイザーのアップグレード パス を参照してください。

Ubuntu で LCP パッケージおよびホスト コンポーネントが適切に機能するように設定するには、次の依存関係が必要です。
libunwind8, libgflags2v5, libgoogle-perftools4, traceroute, python-mako, python-simplejson, python-unittest2, python-yaml, python-netaddr, libprotobuf9v5, libboost-chrono1.58.0, libgoogle-glog0v5, dkms, libboost-date-time1.58.0, libleveldb1v5, libsnappy1v5, python-gevent, python-protobuf, ieee-data, libyaml-0-2, python-linecache2, python-traceback2, libtcmalloc-minimal4, python-greenlet, python-markupsafe, libboost-program-options1.58.0, libelf-dev

手順

  1. Ubuntu の Web サイトにある手順に従って、ホストをアップグレードします。アップグレード プロセスが完了したら、Ubuntu KVM ホストを再起動します。
  2. 既存の Ubuntu KVM ホストをトランスポート ノードに使用している場合は、/etc/network/interfaces ファイルをバックアップします。
  3. Ubuntu x.x の NSX カーネル モジュールをダウンロードします。
  4. NSX カーネル モジュールをインストールします。
    tar -xvf <path_to_kernel_module_file> 
    cd <folder_extracted_from_previous_step> 
    sudo dpkg -i *.deb 
    dpkg –i | grep nsx