NSX-T Data Center をアップグレードした後、アップグレードされたコンポーネントのバージョンが更新されているかどうかを確認できます。NSX Manager の詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「NSX Manager の概要」を参照してください。

前提条件

アップグレードを実行します。NSX-T Data Center のアップグレード を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address/login.jsp?local=true) にローカル管理者ユーザーとしてログインします。
  2. [システム] > [アップグレード] を選択します。
  3. 全体のアップグレード バージョン、コンポーネントのバージョン、アップグレード前後の製品バージョンが正しいことを確認します。
    1. (オプション) ダッシュボード、ファブリック ホスト、NSX Edge クラスタ、トランスポート ノード、論理エンティティの状態インジケータがすべて緑で、正常に展開され、警告が表示されていないことを確認します。
    2. (オプション) 複数のコンポーネントの状態を確認します。
      • ファブリック ノードのインストール
      • トランスポート ノードのローカル制御プレーン (LCP) と管理プレーン エージェントの接続
      • ルーターの接続
      • NAT ルール
      • DFW ルール
      • DHCP リース
      • BGP の詳細
      • IPFIX コレクタ内のフロー
      • ネットワーク トラフィックを有効にする TOR 接続
    アップグレードの状態が「成功」と表示されます。
  4. デフォルトの管理者パスワードの有効期限を変更します。
    パスワードが期限切れになると、ログインしてコンポーネントを管理できなくなります。また、管理者パスワードを必要とするタスクまたは API 呼び出しがすべて失敗します。デフォルトでは、パスワードは 90 日で有効期限が切れます。パスワードの有効期限が切れている場合は、ナレッジベースの記事 KB70691、 NSX-T admin password expired を参照してください。
    1. 有効期限をリセットします。
      有効期限は 1 ~ 9,999 日の間で設定できます。
      nsxcli set user admin password-expiration <1 - 9999>
    2. (オプション) パスワードの有効期限を無効にすると、パスワードが期限切れになることはありません。
      nsxcli clear user audit password-expiration
  5. 既存の Ubuntu KVM ホストをトランスポート ノードに使用している場合は、/etc/network/interfaces ファイルをバックアップします。
  6. vIDM が有効になっている場合は、https://nsx-manager-ip-address/login.jsp?local=true でローカル アカウントにアクセスします。
  7. NSX Edge 仮想マシンの CPU とメモリの値を確認します。

    アップグレード後に vSphere Client にログインし、既存の NSX Edge 仮想マシンが次の CPU とメモリ値で構成されているかどうかを確認します。構成されていない場合は、仮想マシンの設定を編集して、これらの値と一致させます。

    NSX-T Data Center アプライアンス メモリ vCPU
    NSX Edge の小規模な仮想マシン 4 GB 2
    NSX Edge の中規模の仮想マシン 8 GB 4
    NSX Edge の大規模な仮想マシン 32 GB 8