以前のバージョンの NSX-T Data Center で vSphere Distributed Switch 7.0 の機能を使用するには、vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。NSX-T Data Center 3.1.1 以降では、NSX Data Center と NSX Firewall のライセンスによって、vCenter ServervSphere のすべてのエディションで vSphere Distributed Switch 7.0 の使用がサポートされます。

注: NSX ライセンスを使用すると、vSphere Distributed Switch の機能を使用できる同等数の CPU ライセンスを取得できます。ただし、NSX ライセンスでは、vSphere Enterprise Plus のアップグレードは提供されません。NSX ライセンスは、 NSX-T Data Center が展開されているホストの VDS にのみ適用されます。

手順

  1. vCenter Server コンピュート マネージャが NSX-T Data Center にまだ登録されていない場合は登録します。コンピュート マネージャの追加 を参照してください。
    vCenter Server コンピュート マネージャがすでに登録されている場合は、コンピュート マネージャを編集し、認証情報を指定して再認証します。
    注: vSphere Distributed Switch 7.0 の機能に NSX Data Center と NSX Firewall のライセンスを使用するには、 vCenter Server ユーザーが管理者であるか、ユーザーが Global.Licenses 権限を持っていて、 LicenseService.Administrators グループのメンバーである必要があります。
  2. vCenter Server にログインし、NSX for vSphere ソリューション資産が存在していることを確認します。NSX-T Data Center 環境の NSX for vSphere ソリューション資産を使用できます。
  3. NSX Data Center または NSX Firewall ライセンスを vCenter Server のライセンス資産に割り当てます。
    注: vCenter Server のライセンス資産には、デフォルトの NSX for vShield Endpoint ライセンスが割り当てられます。vSphere Distributed Switch を使用するには、デフォルトの NSX for vShield Endpoint ライセンス以外の有効な NSX-T Data Center ライセンスが必要です。

結果

vSphere Distributed Switch 7.0 の機能を使用できるようになりました。ホストを vSphere Distributed Switch に接続することもできます。