ホスト スイッチとして VDS を使用して準備したトランスポート ノードでは、NSX-T で作成されたセグメントは VDS スイッチの NSX 分散仮想ポート グループおよび NSX-T 内のセグメントとして認識されます。

以前のバージョンの NSX-T Data Center では、NSX-T で作成されたセグメントは vCenter Server で不透明ネットワークとして表示されます。VDS スイッチで NSX-T を実行すると、セグメントは NSX 分散仮想ポート グループとして表示されます。

NSX-T ネットワークのセグメントに対する変更は、vCenter Server で同期されます。

vCenter Server では、NSX 分散仮想ポート グループは と表示されます。

vCenter Server では、NSX-T で作成された NSX-T セグメントは NSX-T オブジェクトとして認識されます。vCenter Server には、NSX-T セグメントに関連する次の詳細が表示されます。

  • NSX Manager

  • セグメントの仮想ネットワーク ID

  • トランスポート ゾーン

  • 接続している仮想マシン

セグメントのポートのバインドは、デフォルトで 短期 に設定されています。NSX-T で設定されているスイッチのスイッチング パラメータは、vCenter Server で編集できません。その逆もできません。

重要: vCenter Server では、認識された NSX 分散仮想ポート グループは、VDS スイッチ上の他のポート グループと区別するための一意の名前を必要としません。したがって、複数の NSX 分散仮想ポート グループに同じ名前を設定できます。ポート グループ名を使用した vSphere の自動化を行うと、エラーが発生する可能性があります。
vCenter Server では、NSX 分散仮想ポート グループに次のアクションを実行できます。
  • VMkernel アダプタを追加します。
  • 仮想マシンを別のネットワークに移行します。
ただし、NSX 分散仮想ポート グループに関連する NSX-T オブジェクトは NSX Manager でのみ編集できます。次のセグメントのプロパティを編集できます。
  • セグメントのレプリケーション モード
  • セグメントで使用される VLAN トランク ID
  • スイッチング プロファイル(ポート ミラーリングなど)
  • セグメント上に作成されたポート

vSphere 分散仮想ポート グループを構成する方法については、『vSphere ネットワーク ガイド』を参照してください。