[アラーム] タブの別のパネルに、詳細なアラーム定義が表示されます。パネルを直接開くか、[アラーム] テーブルの [イベント タイプ] 列で値をクリックすると、パネルを直接開くことができます。

アラームの詳細は、NSX Manager の複数の場所に表示されます。アラーム情報の表示 を参照してください。

手順

  1. [アラーム] タブをクリックします。
    1. ホーム ページに移動し、[アラーム] をクリックします。
      [アラーム] パネルには [アラーム][アラーム定義] の 2 つのモードがあります。モードはパネルの上部に表示されます。
    2. [アラーム定義] をクリックします。
      [アラーム] タブが表示され、アラーム定義のテーブルが表示されます。
  2. [Tier-0 ゲートウェイ] ページから。
    1. [ネットワーク] > [接続] > [Tier-0 ゲートウェイ] の順に移動します。
      ゲートウェイ テーブルの [オープン アラーム] 列に、オープン状態のアラーム数が表示されます。
    2. [オープン アラーム] 列の数字をクリックします。
      ダイアログが開き、オープン状態のアラームがテーブル形式で表示されます。
    3. [イベント タイプ] 列の値をクリックします。
      これにより、 [ホーム] > [アラーム] > [アラーム定義] パネルに移動します。
  3. [ロード バランシング] ページから。
    1. [ネットワーク] > [ネットワーク サービス] > [ロード バランシング] の順に移動します。
      ゲートウェイ テーブルの [オープン アラーム] 列に、オープン状態のアラーム数が表示されます。
    2. [オープン アラーム] 列の数字をクリックします。
      ダイアログが開き、オープン状態のアラームがテーブル形式で表示されます。
    3. [イベント タイプ] 列の値をクリックします。
      これにより、 [ホーム] > [アラーム] > [アラーム定義] パネルに移動します。
  4. [アラーム定義] にアクセスしたら、任意の定義を展開して、詳細とユーザー定義の設定を表示します。
    アラーム定義の詳細は次のとおりです。
    説明
    機能 アラームが発生したコンポーネントが表示されます(例:トランスポート ノード)。
    イベント タイプ 特定のエラー タイプが表示されます(例:CPU 使用率が高い)。
    重要度 アラームのレベル(重大、高、中)が表示されます。
    有効 アラームの検出が有効かどうかが表示されます。
    アラームの作成 インターフェイスまたは API でアラームを報告するかどうかが表示されます。
    SNMP トラップの作成 アラームの検出または解決時に SNMP トラップが出力されるかどうかを表します。
    このパネルには次の情報も表示されます。
    アイテム 説明
    説明 アラームをトリガする条件を記述します。
    推奨アクション 条件を修正するために実行できる手順が表示されます。
    true イベントの SNMP OID イベントの状態が true の場合の SNMP オブジェクト ID が表示されます。
    false イベントの SNMP OID イベントの状態が false の場合の SNMP オブジェクト ID が表示されます。
    しきい値 アラームをトリガするユーザー設定のしきい値。
    感度 (%) アラームをトリガするユーザー設定の感度。

次のタスク

アラーム定義の一部のフィールドは変更可能です。 アラーム定義の設定 を参照してください。