Edge ベースのブリッジを設定する場合、Edge クラスタに Edge ブリッジ プロファイルを作成した後に、仮想マシンで実行されている Edge ノードに追加の設定が必要になります。

同じ Edge ノードでセグメントを 2 回ブリッジすることはできません。2 つの異なる Edge ノードの場合、同じセグメントに 2 つの VLAN をブリッジできます。

3 つの構成オプションがあります。

オプション 1:Edge 仮想マシンが vDS/vSS ポートグループ上にある

Edge 仮想マシンが vSphere に展開され、vDS (vSphere Distributed Switch) または vSS(vSphere 標準スイッチ)に接続している場合は、無作為検出モードを有効にする必要があります。

  • ポートグループに無作為検出モードを設定します。
  • ポートグループで偽装転送を許可します。
  • 次のコマンドを実行して、Edge 仮想マシンが実行されている ESXi ホストでリバース フィルタを有効にします。
    esxcli system settings advanced set -o /Net/ReversePathFwdCheckPromisc -i 1
    次に、以下の手順でポートグループの無作為検出モードを無効にして有効にします。
    • ポートグループの設定を編集します。
    • 無作為検出モードを無効にして、設定を保存します。
    • ポートグループの設定を再度編集します。
    • 無作為検出モードを有効にして、設定を保存します。
  • 同じ VLAN のセットを共有する同じホスト上に、無作為検出モードのポート グループが他にないことを確認します。
  • アクティブ モードの Edge 仮想マシンとスタンバイ モードの Edge 仮想マシンは、異なるホスト上に配置する必要があります。両方の仮想マシンが同じホスト上にあると、VLAN のトラフィックを両方の仮想マシンに無作為検出モードで転送する必要があるため、スループットが低下する可能性があります。

オプション 2:Edge 仮想マシンが NSX-T セグメントに接続している

NSX-T がインストールされているホストに Edge が展開されている場合、Edge を VLAN セグメントに接続して、推奨の構成オプションである MAC アドレスの学習を使用できます。

  • [ネットワーク] > [セグメント] > [セグメント プロファイル] の順に移動して、新しい MAC アドレス検出セグメント プロファイルを作成します。
    • [セグメント プロファイルの追加] > [MAC アドレス検出] > [] の順にクリックします。
    • [MAC アドレスの学習] を有効にします。
  • [ネットワーク] > [セグメント] の順に移動して、Edge で使用されているセグメントを編集します。
    • メニュー アイコン(3 つのドット)をクリックし、[編集] を選択してセグメントを編集します。
    • [セグメント プロファイル] セクションで、[MAC アドレス検出] プロファイルに上で作成したプロファイルを設定します。

オプション 3:無作為検出モードの代替オプション

このオプションは、Edge ノードが vDS または vSS に展開され、無作為検出モードを有効にしない場合に使用します。これはオプション 1 よりも複雑になります。

  1. シンク ポートとして設定するトランク vNIC のポート番号を取得します。
    1. vSphere Web Client にログインして、[ホーム] > [ネットワーク] の順に移動します。
    2. NSX Edge のトランク インターフェイスが接続している分散ポート グループをクリックし、[ポート] をクリックして、仮想マシンが接続しているポートを確認します。トランク インターフェイスに関連付けられているポート番号をメモします。不明なデータを取得して更新する場合は、このポート番号を使用します。
  2. VDS の dvsUuid 値を取得します。
    1. vCenter Server Mob ユーザー インターフェイス https://<vc-ip>/mob にログインします。
    2. [内容] をクリックします。
    3. [rootFolder] に関連付けられたリンクをクリックします(例:group-d1 (Datacenters))。
    4. [childEntity] に関連付けられたリンクをクリックします(例:datacenter-1)。
    5. [networkFolder] に関連付けられたリンクをクリックします(例:group-n6)。
    6. NSX Edge に関連付けられた vSphere Distributed Switch の分散仮想スイッチ名のリンクをクリックします(例:dvs-1 (Mgmt_VDS))。
    7. uuid 文字列の値をコピーします。不明なデータを取得して更新する場合は、dvsUuid にこの値を使用します。
  3. 指定されたポートに不明なデータが存在するかどうか確認します。
    1. https://<vc-ip>/mob/?moid=DVSManager&vmodl=1 に移動します。
    2. [fetchOpaqueDataEx] をクリックします。
    3. [selectionSet] 値ボックスに、次の XML 入力を貼り付けます。
      <selectionSet xsi:type="DVPortSelection">
          <dvsUuid>c2 1d 11 50 6a 7c 77 68-e6 ba ce 6a 1d 96 2a 15</dvsUuid> <!-- example dvsUuid -->   
          <portKey>393</portKey>  <!-- example port number -->
      </selectionSet>

      NSX Edge のトランク インターフェイスに取得したポート番号と dvsUuid 値を使用します。

    4. isRuntimefalse に設定します。
    5. [メソッドの起動] をクリックします。vim.dvs.OpaqueData.ConfigInfo の値が表示された場合、不明なデータ セットが存在します。シンク ポートを設定するときに、edit 操作を使用します。vim.dvs.OpaqueData.ConfigInfo の値が空の場合は、シンク ポートを設定するときに add 操作を使用します。
  4. vCenter Server 管理対象オブジェクト ブラウザ (MOB) でシンク ポートを構成します。
    1. https://<vc-ip>/mob/?moid=DVSManager&vmodl=1 に移動します。
    2. [updateOpaqueDataEx] をクリックします。
    3. [selectionSet] 値ボックスに、次の XML 入力を貼り付けます。次はその例です。
      <selectionSet xsi:type="DVPortSelection">
          <dvsUuid>c2 1d 11 50 6a 7c 77 68-e6 ba ce 6a 1d 96 2a 15</dvsUuid> <!-- example dvsUuid -->   
          <portKey>393</portKey>  <!-- example port number -->
      </selectionSet>

      vCenter Server 管理対象オブジェクト ブラウザから取得した dvsUuid 値を使用します。

    4. opaqueDataSpec 値ボックスで、次のいずれかの XML 入力を貼り付けます。

      不明なデータが設定されていない場合(operationadd に設定されている場合)、この入力を使用してシンク ポートを有効にします。

      <opaqueDataSpec>
          <operation>add</operation> 
          <opaqueData>
              <key>com.vmware.etherswitch.port.extraEthFRP</key>
              <opaqueData xsi:type="vmodl.Binary">AAABAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA=</opaqueData>
          </opaqueData>
      </opaqueDataSpec>
      
      不明なデータはすでに設定されている場合( operationedit に設定されている場合)、この入力を使用してシンク ポートを有効にします。
      <opaqueDataSpec>
          <operation>edit</operation> 
          <opaqueData>
              <key>com.vmware.etherswitch.port.extraEthFRP</key>
              <opaqueData xsi:type="vmodl.Binary">AAABAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA=</opaqueData>
          </opaqueData>
      </opaqueDataSpec>
      

      この入力を使用してシンク ポートを無効にします。

      <opaqueDataSpec>
          <operation>edit</operation>
              <opaqueData>
                  <key>com.vmware.etherswitch.port.extraEthFRP</key>
                  <opaqueData xsi:type="vmodl.Binary">AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA=</opaqueData>
          </opaqueData>
      </opaqueDataSpec>
      
    5. isRuntimefalse に設定します。
    6. [[Invoke Method]] をクリックします。