ホスト スイッチとして VDS を使用して準備された NSX-T クラスタの例。

サンプル トポロジの図では、NSX-T トラフィックと vSphere トラフィックを管理するために 2 つの VDS スイッチが構成されています。

VDS-1 と VDS-2 は、クラスタ 1、クラスタ 2、クラスタ 3 から ESXi ホストのネットワークを管理するように構成されています。クラスタ 1 は、vSphere トラフィックのみを処理するように準備されていますが、クラスタ 2 とクラスタ 3 はこれらの VDS スイッチを使用してホスト トランスポート ノードとして準備されています。

vCenter Server で、VDS スイッチのアップリンク ポート グループに物理 NIC が割り当てられています。トポロジでは、VDS-1VDS-2 のアップリンクが物理 NIC に割り当てられています。 ESXi ホストのハードウェア構成によっては、スイッチに割り当てる物理 NIC の数を計画することが必要になります。VDS スイッチにアップリンクを割り当てるだけでなく、VDS スイッチで MTU、NIOC、LLDP、LAG プロファイルが設定されます。

VDS スイッチが構成されたら、NSX-T でアップリンク プロファイルを追加します。

トランスポート ノード プロファイル(VDS スイッチ)を適用してクラスタを準備すると、トランスポート ノード プロファイルからのアップリンクが VDS アップリンクにマッピングされます。一方、N-VDS スイッチでクラスタを準備すると、トランスポート ノード プロファイルからのアップリンクが物理 NIC に直接マッピングされます。

クラスタを準備した後、クラスタ 1 が vSphere トラフィックを管理し、クラスタ 2 とクラスタ 3 の ESXi ホストが NSX-T トラフィックを管理します。