NSX-T Data Center 環境では、オーバーレイ トランスポート ゾーンとオーバーレイでバッキングされる論理スイッチが存在することを確認する必要があります。

East-West のサービス挿入は、NSX-T 環境全体に適用されます。クラスタ レベルまたはホスト レベルでサービスを展開できます。

East-West ネットワーク イントロスペクション サービスを有効にして仮想マシン間でトラフィックのイントロスペクションを行うには、これらのゲスト仮想マシンとサービス仮想マシンをホストするトランスポート ノードがオーバーレイ トランスポート ゾーンで構成されていることを確認します。オーバーレイ トランスポート ゾーンと論理スイッチ(セグメント)がない場合、仮想マシン間のトラフィック フローに East-West のサービスは適用できません。VLAN によってバッキングされているトランスポート ゾーン上にすべてのセグメントがある場合でも、トラフィックに East-West のサービスを適用するには、オーバーレイでバッキングされるトランスポート ゾーンでセグメントを構成する必要があります。

オーバーレイ(または GENEVE)でバッキングされた論理スイッチは内部でプロビジョニングされ、ユーザー インターフェイスには表示されません。

VLAN でバッキングされたセグメントのみを使用して展開する場合でも、East-West トラフィックはオーバーレイ トランスポート ゾーンとオーバーレイでバッキングされたセグメントを通過します。したがって、オーバーレイ トランスポート ゾーンと GENEVE でバッキングされたセグメントを作成する必要があります。この要件を満たさないと、vMotion の実行中にホスト上の ゲスト仮想マシン を別のトランスポート ノードに移行できません。ゲスト仮想マシンは切断状態になり、East-West のサービスで構成エラーが発生します。