等価コスト マルチパス (ECMP) ルーティング プロトコルは Tier-0 論理ルーターにアップリンクを追加することで North および South の通信帯域幅を増やし、NSX Edge クラスタ内の各 Edge ノードに対して設定されます。ECMP ルーティング パスはトラフィックの負荷を分散し、失敗したパスに対するフォールト トレランスを提供します。

ECMP を使用するには、Tier-0 論理ルーターがアクティブ/アクティブ モードにする必要があります。最大 8 つの ECMP パスがサポートされます。NSX Edge での ECMP の実装は、プロトコル番号、送信元アドレス、宛先アドレス、送信元ポートと宛先ポートの 5-tuple に基づいています。ECMP パス間でデータを転送するアルゴリズムはラウンド ロビン方式ではありません。そのため、一部のパスで他のパスよりも多くのトラフィックが発生することがあります。プロトコルが IPv6 で、IPv6 ヘッダーに複数の拡張ヘッダーがある場合、ECMP は送信元アドレスと宛先アドレスにのみ基づきます。

図 1. ECMP ルーティング トポロジ
クラスタ内で各 Edge ノードの Tier-0 分散論理ルーターへの 2 つのアップリンクを持つ Equal Cost Multi Path ルーティング。

たとえば、上記のトポロジでは、2 ノード NSX Edge クラスタで 1 台の Ttier-0 論理ルーターがアクティブ/アクティブ モードで実行されています。2 個のアップリンク ポートが 各 Edge ノードに 1 個ずつ設定されています。