セグメントがゲートウェイに接続しているかどうかに関係なく、各セグメントで DHCP を構成できます。DHCPv4(IPv4 の DHCP)サーバと DHCPv6(IPv6 の DHCP)サーバの両方がサポートされます。

ゲートウェイに接続しているセグメントでは、次の DHCP タイプがすべてサポートされます。
  • DHCP ローカル サーバ
  • DHCP リレー
  • ゲートウェイ DHCP(セグメントの IPv4 サブネットでのみサポートされます)
注:
  • NSX-T Data Center 3.1.1 以降では、サービス インターフェイスを使用した VLAN バッキング セグメントでバージョン 4 の DHCP リレーがサポートされています。1 つのセグメントで、1 つの DHCP v4 リレーまたはサービスのみがサポートされます。
  • ゲートウェイに接続していないスタンドアローン セグメントの場合は、ローカル DHCP サーバのみがサポートされます。
  • DHCP サーバを必要とする VLAN セグメントでは、ローカル DHCP サーバのみがサポートされます。VLAN で DHCP はサポートされていません。

ゲートウェイに接続していないスタンドアローン セグメントの場合は、ローカル DHCP サーバのみがサポートされます。

IPv6 サブネットの DHCPv6 サーバ構成には、次の制限があります。
  • IPv6 サブネットが構成されているセグメントには、ローカル DHCPv6 サーバまたは DHCPv6 リレーのいずれかを設定できます。ゲートウェイ DHCPv6 はサポートされていません。
  • DHCPv6 オプション(クラスレス スタティック ルートと汎用オプション)はサポートされていません。

前提条件

  • ネットワークに DHCP プロファイルが追加されている。
  • 直接接続している Tier-1 または Tier-0 ゲートウェイに DHCP プロファイルが適用されている(セグメントでゲートウェイ DHCP を構成する場合)

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [セグメント] の順に選択します。
  3. セグメントを追加または編集します。
    • 新しいセグメントを構成するには、[セグメントの追加] をクリックします。
    • 既存のセグメントのプロパティを変更するには、既存のセグメントの名前の横にある縦型の省略記号をクリックして、[編集] をクリックします。
  4. セグメントを追加する場合は、次のセグメント プロパティが指定されていることを確認します。
    • セグメント名
    • 接続
    • トランスポート ゾーン
    • サブネット。ゲートウェイに接続しているセグメントの場合は必須です。スタンドアローン セグメントの場合はオプションです。

    既存のセグメントを編集する場合は、次の手順に進みます。

  5. [DHCP 構成を行う] をクリックします。
  6. [DHCP タイプ] ドロップダウン メニューで、次のいずれかのタイプを選択します。
    1 つのセグメントで、IPv6 および IPv4 サブネットに常に同じ DHCP タイプを使用する必要があります。混在する構成はサポートされません。
    DHCP タイプ 説明
    DHCP ローカル サーバ

    セグメントに IP アドレスを持つローカル DHCP サーバを作成する場合は、このオプションを選択します。

    名前が示すように、これはセグメントに対してローカルな DHCP サーバです。ネットワーク内の他のセグメントでは使用できません。ローカル DHCP サーバは、セグメントに接続している仮想マシンに対してのみ、動的な IP 割り当てサービスを提供します。

    DHCP 範囲、DHCP オプション、セグメントの静的割り当てなど、すべての DHCP 設定を構成できます。

    スタンドアローン セグメントの場合、デフォルトでこのタイプが選択されます。

    DHCP リレー

    DHCP クライアントの要求を外部 DHCP サーバに中継する場合は、このオプションを選択します。外部 DHCP サーバは、任意のサブネット、SDDC の外部または物理ネットワークに配置できます。

    DHCP リレー サービスはセグメントに対してローカルであり、ネットワーク内の他のセグメントでは使用できません。

    セグメントで DHCP リレーを使用する場合、[DHCP 設定][DHCP オプション] は設定できません。ユーザー インターフェイスでは、DHCP の静的割り当てを設定できません。ただし、NSX-T Data Center では、DHCP リレーを使用する静的割り当てはサポートされません。

    ゲートウェイ DHCP

    この DHCP タイプは中央の DHCP サービスに相当します。ゲートウェイに接続し、ゲートウェイ DHCP を使用しているすべてのセグメントの仮想マシンに、IP とその他のネットワーク構成を動的に割り当てます。ゲートウェイに適用する DHCP プロファイルのタイプに応じて、セグメントにゲートウェイ DHCP サーバまたはゲートウェイ DHCP リレーを構成できます。

    デフォルトでは、Tier-1 または Tier-0 ゲートウェイに接続しているセグメントはゲートウェイ DHCP を使用します。必要であれば、セグメントで DHCP ローカル サーバまたは DHCP リレーを構成できます。

    セグメントでゲートウェイ DHCP を構成する場合は、DHCP プロファイルをゲートウェイに適用する必要があります。

    IPv4 サブネットがゲートウェイ DHCP を使用している場合、ゲートウェイ DHCPv6 がサポートされないため、同じセグメントの IPv6 サブネットに DHCPv6 を設定することはできません。この場合、IPv6 サブネットに IPv6 静的割り当てを含む DHCPv6 サーバ構成を使用できません。

    注: セグメントが作成され、DHCP サービスが使用中の場合、ゲートウェイに接続しているセグメントの DHCP タイプを変更できます。
  7. [DHCP プロファイル] ドロップダウン メニューで、DHCP サーバ プロファイルまたは DHCP リレー プロファイルの名前を選択します。
    • セグメントがゲートウェイに接続している場合、ゲートウェイ DHCP サーバがデフォルトで選択されます。ゲートウェイに適用されている DHCP プロファイルが自動選択されます。名前とサーバの IP アドレスは、その DHCP プロファイルから自動的に取得され、読み取り専用モードで表示されます。

      セグメントがゲートウェイ DHCP サーバを使用している場合は、Edge クラスタがゲートウェイ、DHCP サーバ プロファイル、またはその両方で選択されていることを確認します。プロファイルまたはゲートウェイで Edge クラスタが使用できない場合、セグメントを保存するときにエラー メッセージが表示されます。

    • セグメントでローカル DHCP サーバまたは DHCP リレーを構成している場合は、ドロップダウン メニューから DHCP プロファイルを選択する必要があります。ドロップダウン メニューで使用可能なプロファイルがない場合は、縦型の省略記号アイコンをクリックして、DHCP プロファイルを作成します。プロファイルが作成されると、自動的にセグメントに適用されます。

      セグメントがローカル DHCP サーバを使用している場合は、DHCP サーバプロファイルに Edge クラスタが含まれていることを確認します。プロファイルで Edge クラスタが使用できない場合、セグメントを保存するときにエラー メッセージが表示されます。

    注: セグメントが作成され、DHCP サービスが使用された後、DHCP ローカル サーバまたは DHCP リレーを使用するセグメントの DHCP プロファイルを変更できます。
  8. [IPv4 サーバ] タブまたは [IPv6 サーバ] タブをクリックします。
    セグメントに IPv4 サブネットと IPv6 サブネットが含まれている場合は、セグメントに DHCPv4 サーバと DHCPv6 サーバの両方を設定できます。
  9. DHCP を構成します。
    1. [DHCP 構成] 切り替えボタンをクリックして、サブネットで DHCP 構成を有効にします。
    2. [DHCP サーバ アドレス] テキスト ボックスに、IP アドレスを入力します。
      • DHCP ローカル サーバを構成している場合は、サーバの IP アドレスが必要です。最大で 2 つのサーバ IP アドレスがサポートされます。1 つの IPv4 アドレスと 1 つの IPv6 アドレスを使用できます。IPv4 アドレスの場合、プリフィックス長は 30 以下にする必要があります。IPv6 アドレスの場合、プリフィックス長は 126 以下にする必要があります。サーバの IP アドレスは、このセグメントで指定したサブネットに属している必要があります。DHCP サーバの IP アドレスは、DHCP 範囲および DHCP 静的割り当てで使用されている IP アドレスと重複しないようにする必要があります。DHCP サーバ プロファイルにサーバの IP アドレスが含まれている場合がありますが、セグメントでローカル DHCP サーバを構成すると、これらの IP アドレスは無視されます。

        ローカル DHCP サーバが作成されると、[DHCP 構成を行う] ページでサーバの IP アドレスを編集できます。ただし、新しい IP アドレスは、セグメントで構成されている同じサブネットに属している必要があります。

      • DHCP リレーを設定している場合、この手順を行う必要はありません。サーバの IP アドレスは DHCP リレー プロファイルから自動的に取得され、プロファイル名の下に表示されます。
      • ゲートウェイ DHCP サーバを構成している場合、このテキスト ボックスは編集できません。サーバの IP アドレスは、接続しているゲートウェイに適用された DHCP プロファイルから自動的に取得されます。

        DHCP サーバ プロファイルのゲートウェイ DHCP サーバの IP アドレスは、セグメントで構成されているサブネットと異なる場合があります。この場合、ゲートウェイ DHCP サーバは内部リレー サービスを介してセグメントの IPv4 サブネットに接続します。これは、ゲートウェイ DHCP サーバの作成時に自動的に作成されます。内部リレー サービスは、ゲートウェイ DHCP サーバの IP アドレスのサブネットから 1 つの IP アドレスを使用します。内部リレー サービスで使用される IP アドレスは、ゲートウェイ DHCP サーバのデフォルト ゲートウェイとして機能し、セグメントの IPv4 サブネットと通信します。

        ゲートウェイ DHCP サーバが作成されると、ゲートウェイの DHCP プロファイルでサーバの IP アドレスを編集できます。ただし、ゲートウェイに適用されている DHCP プロファイルはできません。

    3. (オプション) [DHCP 範囲] テキスト ボックスに、1 つ以上の IP アドレス範囲を入力します。

      IP 範囲と IP アドレスの両方を使用できます。IPv4 アドレスは CIDR/32 形式にする必要があります。IPv6 アドレスは CIDR/128 形式にする必要があります。また、範囲の開始と終了に同じ IP アドレスを入力し、IP アドレスを範囲として入力することもできます。例:172.16.10.10-172.16.10.10

      DHCP 範囲が次の要件を満たしていることを確認します。
      • DHCP 範囲の IP アドレスは、セグメントで構成されているサブネットに属している必要があります。つまり、DHCP 範囲に複数のサブネットの IP アドレスを含めることはできません。
      • IP 範囲は、DHCP サーバの IP アドレスや DHCP の静的割り当て IP アドレスと重複しないようにしてください。
      • DHCP IP プールの IP 範囲は、互いに重複しないようにしてください。
      • DHCP 範囲の IP アドレスの数は、65536 を超えないようにしてください。
      注: IPv6 範囲の DHCP で、次のタイプの IPv6 アドレスは使用できません。
      • リンク ローカル ユニキャスト アドレス (FE80::/64)
      • マルチキャスト アドレス (FF00::/8)
      • 未指定のアドレス (0:0:0:0:0:0:0:0)
      • すべての F のアドレス (F:F:F:F:F:F:F:F)
      注意: DHCP サーバを作成した後、既存の範囲を更新したり、新しい IP 範囲を追加したり、既存の範囲を削除できます。ただし、既存の IP 範囲の削除、縮小、拡張を行わないことをおすすめします。たとえば、小さい IP 範囲を組み合わせて 1 つの大きな IP 範囲を作成するようなことは行わないでください。より大きな IP 範囲から DHCP クライアントにリースされている IP アドレスが誤って追加される可能性があります。DHCP サービスの稼動後に既存の範囲を変更すると、DHCP クライアントのネットワーク接続が切断され、トラフィックが一時的に中断する可能性があります。
    4. (オプション) (DHCPv6 の場合のみ)[除外範囲] テキスト ボックスに、DHCPv6 クライアントへの動的 IP 割り当ての対象外にする IPv6 アドレスまたは IPv6 アドレスの範囲を入力します。

      IPv6 ネットワークの場合、DHCP 範囲が大きくなる可能性があります。静的割り当てに特定の IPv6 アドレスを予約することも、大きい DHCP 範囲から複数の小さいの IPv6 アドレスの範囲を予約することもできます。このような場合、除外範囲を指定できます。

    5. (オプション) リース時間を秒単位で編集します。
      デフォルト値は 86400 です。有効な値は 60 ~ 4294967295 の範囲です。DHCP サーバ構成のリース時間は、DHCP プロファイルの指定よりも優先されます。
    6. (オプション) (DHCPv6 の場合のみ)優先時間を秒単位で入力します。

      優先時間とは、有効な IP アドレスが優先される期間を表します。優先時間が経過すると、IP アドレスは廃止されます。値を入力しないと、優先時間が自動的に計算されます(リース時間 * 0.8)。

      リース時間は、優先時間より大きくする必要があります。

      有効な値は 60 ~ 4294967295 の範囲です。デフォルト値は 69120 です。

    7. (オプション) 名前解決に使用するドメイン ネーム サーバ (DNS) の IP アドレスを入力します。最大で 2 つの DNS サーバが使用できます。
      指定しないと、DHCP クライアントに DNS は割り当てられません。DNS サーバの IP アドレスは、サブネットのゲートウェイ IP アドレスと同じサブネットに属している必要があります。
    8. (オプション) (DHCPv6 の場合のみ)1 つ以上のドメイン名を入力します。
      DHCPv4 構成で、セグメント構成に指定されたドメイン名が自動的に取得されます。
    9. (オプション) (DHCPv6 の場合のみ)SNTP (Simple Network Time Protocol) サーバの IP アドレスを入力します。最大で 2 つの SNTP サーバが使用できます。

      DHCPv6 サーバは NTP をサポートしません。

      DHCPv4 サーバは NTP のみをサポートします。NTP サーバを追加するには、[オプション] をクリックし、汎用オプション(コード 42 - NTP サーバ)を追加します。

  10. (オプション) [オプション] をクリックして、クラスレス スタティック ルート(オプション 121)と汎用オプションを指定します。

    IPv6 の DHCP オプションはサポートされません。

    • IPv4 の DHCP では、1 つのクラスレス スタティック ルート オプションで同じ宛先に複数のルートを指定できます。各ルートは、宛先サブネット、サブネット マスク、ネクスト ホップ ルーターで構成されます。DHCPv4 のクラスレス スタティック ルートの詳細については、RFC 3442 の仕様を参照してください。1 つの DHCPv4 サーバには、最大で 127 のクラスレス スタティック ルートを追加できます。
    • 汎用オプションを追加するには、オプションのコードを選択して、オプションの値を入力します。バイナリ値の場合、値は Base64 でエンコードする必要があります。
  11. [適用] をクリックして DHCP 構成を保存し、[保存] をクリックしてセグメントの構成を保存します。

次のタスク

  • セグメントに DHCP が構成されているときに、セグメント接続を変更する場合は、いくつかの制限と注意事項があります。詳細については、シナリオ:DHCP でセグメント接続を変更した場合の影響を参照してください。
  • DHCP ローカル サーバを使用するセグメントに DHCP サーバ プロファイルが適用されている場合、DHCP プロファイルで指定した Edge クラスタに DHCP サービスが作成されます。ただし、セグメントがゲートウェイ DHCP サーバを使用している場合、いくつかの要素の組み合わせによって、DHCP サービスが作成される Edge クラスタが決まります。DHCP サービスの Edge クラスタの選択方法については、シナリオ:DHCP サービスの Edge クラスタの選択を参照してください。