サービスを登録した後、サービスがネットワーク トラフィックの処理を開始できるように、NSX-T トランスポート ノードにサービスのインスタンスを展開する必要があります。

Tier-0 または Tier-1 論理ルーターに、物理環境と vCenter Server の論理ネットワーク間のゲートウェイとして機能するパートナー サービス仮想マシンを展開します。サービス仮想マシンをスタンドアローン サービス インスタンスまたはアクティブ/スタンバイ サービス インスタンスとして展開した後に、サービス仮想マシンにトラフィックをリダイレクトするリダイレクト ルールを作成して、ネットワーク イントロスペクションを行うことができます。

前提条件

  • すべてのホストが、vCenter Server によって管理されていること。

  • パートナー サービスは NSX-T Data Center に登録されていて、展開する準備ができていること。

  • NSX-T Data Center 管理者は、パートナー サービスにアクセスできます。

  • 論理ルーターの高可用性モードは、アクティブ/スタンバイ モードにする必要があります。

  • 分散リソース スケジューラ ユーティリティをオンにします。
  • パートナー サービスを実行しているホストに、1 つのオーバーレイ トランスポート ゾーンのみが接続されていること。

  • ネットワーク イントロスペクション用のゲスト仮想マシンへの接続に 1 つのサービス セグメントのみが使用されていること。

  • NSX-T Data Center 3.1 以降では、さまざまなラックに配置された複数の物理サーバにまたがるクラスタで、ホストごとに適用されるトランスポート ノード プロファイルをオーバーライドできること。
  • NSX-T Data Center 3.0 以降では、トランスポート ノード プロファイルを適用して、クラスタ(クラスタベースまたはホストベースの展開方法)を準備する必要があります。
  • NSX-T Data Center 2.5.x 以前では、ホストベースのサービス展開方法を使用して各ホストにサービス仮想マシンを展開する前に、トランスポート ノード プロファイルを適用して、クラスタの各ホストを NSX-T Data Center で構成します。
  • サードパーティのサービスをアップグレードする場合、トランスポート ノード プロファイルがクラスタに適用されていなくても、既存のサービスは引き続き機能します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [サービス展開] > [展開] の順に選択します。
  3. [パートナー サービス] ドロップダウン メニューから、展開するサービスを選択します。
  4. [サービスの展開] をクリックします。詳細を入力して、サービスを展開します。
    表 1. パートナー サービスの詳細
    フィールド 説明
    サービス展開名 サービス インスタンスを識別する名前を入力します。
    展開の仕様 展開するフォーム ファクタを選択します。
    接続ポイント サービス インスタンスを展開する必要がある Tier-0 または Tier-1 論理ルーターを選択します。
    エラー ポリシー [許可] または [ブロック] を選択します。
    ネットワーク

    [アクティブ/スタンバイ] タイプの展開の場合は、次のフィールドに値を設定します。

    • プライマリ インターフェイスのネットワーク:展開されたサービスで使用されるインターフェイス。
    • プライマリ インターフェイスの IP:サービス インスタンスで使用する IP アドレスを入力します。
    • プライマリ ゲートウェイ アドレス:ゲートウェイ アドレスを入力します。

    • プライマリ サブネット マスク:サブネット マスクを入力します。
    • セカンダリ インターフェイスのネットワーク:プライマリ インターフェイスが使用できない場合に利用されるスタンバイ インターフェイス。
    • セカンダリ インターフェイスの IP:プライマリ IP が使用できない場合に利用されるスタンバイ IP の IP アドレスを入力します。
    • セカンダリ ゲートウェイ アドレス:プライマリ ゲートウェイが使用できない場合に利用されるスタンバイ ゲートウェイ アドレスを入力します。

    • セカンダリ サブネット マスク:プライマリ サブネット マスクが使用できない場合に利用されるスタンバイ サブネット マスクを入力します。

    [スタンドアローン] タイプの展開の場合は、プライマリ インターフェイスに値を設定します。

    コンピュート マネージャ 登録された vCenter Server を選択します。
    データストア サービス インスタンスのデータを格納するリポジトリを選択します。
    展開モード [スタンドアローン] を選択して、Tier-0 または Tier-1 論理ルーターに単一のサービス インスタンスを展開します。

    [アクティブ/スタンバイ] を選択して、Tier-0 または Tier-1 論理ルーターにアクティブ/スタンバイ モードのサービス インスタンスを展開します。

    展開テンプレート サービス インスタンスを展開するときに使用するテンプレートを選択します。
  5. [保存] をクリックします。

結果

[サービス インスタンス] タブに、展開の進行状況が表示されます。展開が完了するまでに数分間かかる場合があります。展開状態を検証して、サービス インスタンスが Tier-0 または Tier-1 論理ルーターに正常に展開されていることを確認します。

または、vCenter Server に移動して、展開の状態を確認します。

次のタスク

North-South トラフィックにリダイレクト ルールを追加します。North-South トラフィックへのリダイレクト ルールの追加 を参照してください。